金魚の気持ち  2009年 12月 20日



金魚の気持ち
c0070150_16185497.jpg

女将さん わたくし9時30分になると 道を通る人に挨拶をしながら
お店(ギャラリー)のシャッターを開けます

その前に 玄関にある金魚槽の 糞の掃除と 餌やリをします
金魚は 一年中何を考えているのか 悠々と泳いでいます

女将さん サラリーマンの経験はあるのですか?
あたしは 新潟の高校を卒業して 小さなお店のお手伝いを したことがあるのょ

そうですか わたくしは金魚を見ていて 
何の希望があるのか? 何の楽しみあるのか?
365日同じ餌を食べて ただ大きな金魚になっていくことに 不満はないのか?

サラリーマン時代を 思い出しますね
朝暗いうちに起きて 雨でも・雪でも・風でも 1時間電車に乗って 会社に行き
椅子に座って 同じ仕事をして 昼食を食べて また電車に乗って 家に帰る

金魚と同じですね 金魚も惰性で生きているんですかね 
イヤイヤ ときどき金魚君は 腹を上にして 世の中を逆に見ているようです

そういえば わたしもときどき ハメをはずすときがありましたね
二車線の道路の真ん中を 酔っ払って腕を広げて 歩いたことがありました

オトウサン 金魚さんにも ときどきは お酒を飲ませてあげたらどうかしら
もともと赤いけど 赤くなって外へ飛び出すかも知れないわ


女将さんは 何か武勇伝ありますか?
オトウサン 新潟は雪国ですから つらいことがあっても 嬉しいことがあっても
じっと一人で それをかみしめながら 陰に隠れて 泣くのょ うれしがるのょ


つまらないこと聞いてしまいましたね 
今夜は 二人で身体あたためあって 金魚になりましょうょ

女将さん このお通しは?  金魚の佃煮ョ!!  魚(ギョッ)!!

   


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2009-12-20 16:17 | 教養・研修 | Comments(0)
<<   今日は冬至です  2009...   空腹の快感  2009年 ... >>