「トイレの神様」  2010年 11月 28日

 
「トイレの神様」
c0070150_1618750.jpg

女将さん わたくし微力ではありますが
館山商店街の明りを消さないため 空き店舗を「ギャラリー」に 改装しまして

オトウサン それからどうしたの
「街の駅たき」と命名し 無料で写真の展示を行なっています

わたしが駅長 女房が助役で もう満3年になりますが
おかげさまで 盛況でございます

なかでも とくに人気なのは 「トイレあります(無料)」
女性の方が どこへ行っても トイレの心配ばかりしているからです

トイレの中には 「駅長の私が掃除しています 美しくお使いください 駅長」と
張り紙がしてあります 

そのせいか 一言書いていただく帳面には
「駅長さんありがとうございます」の お声が多く書かれています

ところで今年の紅白には 「植村花菜」が 「トイレの神様」を歌うそうです
トイレの神様のおかげで 綺麗な方ですね

トイレ掃除は べっぴんさんになるだけでなく 成功の近道なのかも
北野武さんも トイレ掃除をして成功したと言ってます

オトウサンも 近々成功するんじゃないですか
でも無料じゃぁ 成功しても高が知れていますね!


作詞:植村花菜・山田ひろし 作曲:植村花菜 編曲:寺岡呼人

「トイレの神様」
小3の頃からなぜだか おばあちゃんと暮らしてた
実家の隣だったけど おばあちゃんと暮らしてた

毎日お手伝いをして 五目並べもした
でもトイレ掃除だけ苦手な私に おばあちゃんがこう言った

トイレには それはそれはキレイな 女神様がいるんやで
だから毎日 キレイにしたら 女神様みたいに べっぴんさんになれるんやで
 
その日から私はトイレを ピカピカにし始めた
べっぴんさんに絶対なりたくて 毎日磨いてた

買い物に出かけた時には 二人で鴨なんば食べた
新喜劇録画し損ねたおばあちゃんを 泣いて責めたりもした

トイレには それはそれはキレイな神様がいるんやで
だから毎日 キレイにしたら 女神様みたいにべっぴんさんになれるんやで
 
少し大人になった私は おばあちゃんとぶつかった
家族ともうまくやれなくて 居場所がなくなった

休みの日も家に帰らず 彼氏と遊んだりした
五目並べも鴨なんばも 二人の間から消えてった

どうしてだろう 人は人を傷付け大切なものをなくしてく
いつも味方をしてくれてた おばあちゃん残して ひとりきり 家離れた
 
上京して2年が過ぎて おばあちゃんが入院した
痩せて 細くなってしまった おばあちゃんに会いに行った

「おばあちゃん、ただいまー!」ってわざと 昔みたいに言ってみたけど
ちょっと話しただけだったのに 「もう帰りー。」って 病室を出された
 
次の日の朝  おばあちゃんは 静かに眠りについた
まるで まるで 私が来るのを 待っていてくれたように

ちゃんと育ててくれたのに 恩返しもしてないのに
いい孫じゃなかったのに こんな私を待っててくれたんやね
  
トイレには それはそれはキレイな 女神様がいるんやで
おばあちゃんがくれた言葉は 今日の私を べっぴんさんにしてくれてるかな

トイレには それはそれはキレイな 女神様がいるんやで
だから毎日 キレイにしたら 女神様みたいに べっぴんさんになれるんやで
 
気立ての良いお嫁さんになるのが 夢だった私は
今日もせっせとトイレを ピーカピカにする

おばあちゃん おばあちゃん ありがとう
おばあちゃん ホンマに ありがとう


この9分52秒秒の大作を カツトなしで唄うらしい
長年続いた「さそり座の女」の 美川憲一が 欠場となった

NHKも変わります 世の中も変わります 女将さんは変わりませんネェ



こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2010-11-28 16:15 | 宗教 | Comments(0)
<<   十二月 冬至 2010年 ...  今日は「勤労感謝の日」  2... >>