台風は 二百十日  2011年 9月 6日


台風は 二百十日
c0070150_1341051.jpg

女将さん 今晩は お元気ですか? オトウサン しばらくですね 

四国や紀伊半島は大変ですね とくに和歌山県 奈良県は
ほんとに お気のどくネェ


ついこの間までは 暑い寒いといっていましたけど
もうお彼岸ですよ 「暑さ寒さも彼岸まで」と いうでしょ

昔は 九月一日は 「二百十日」といって 大きな台風の来る日なんですょ
九月十日は 「二百二十日」といって 台風の来襲に 備えたものなんです

世の中は その時その時で 変化はありますが
大きな流れは変わらず いつものとおり 季節は変化しているんですね

女将さん 「鴨長明」を 知っていますか
オトウサン 鴨が殺されず 鴨鍋にならず 長生きしたということでしょ

違います! ちがいます! 日本三大随筆といわれる「方丈記」を書いた人ですょ
それには 世の中は刻一刻と変わってゆき 久しくとどまることはありません

この世の中は ただただ 水の泡のようなものなんですょ
「ゆく河の流れは絶えずして しかももとの水にあらず」と 無常を説いた人なんです

「般若心経」だってそうですょ
お釈迦様の説いた教えを 「三蔵法師」が 訳したものですが

オトウサン 「三蔵法師」なら知っています 「西遊記」に出てくる尼さんでしょ 
夏目雅子が 孫悟空や 豚や 河童を連れて インドへお経を探しに行った人でしょ


この 「般若心経」 には 我々の体というものは
実体はなくて 目・耳・鼻・舌・皮膚といった感覚や心もなく 

色や形・音・匂い・味・触感といった感覚や 心の思いもありません
目に映る世界から 心の世界まですべてありませんと 教えてあります 

女将さん この世は無常ですネェ
気持ちが沈むのは 秋(セプテンバー)になったからですかネェ

女将さん 今晩はコレで帰ります  オトウサン お勘定は? 
女将さん いま 言ったでしょ 「この世は無常だ」と
細かいことは 言わないの

♪ 月は無情と言うけれどコリャ 主さん月よりなお無情
月は夜来て朝帰るコリャ 貴方今来て今帰る ♪



こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2011-09-06 13:02 | 教養・研修 | Comments(0)
<<   ブログは なま物  201...   色取月(いろとりつき)  ... >>