釈迦の恥  2011年 9月 14日


釈迦の恥
c0070150_1430524.jpg

女将さん こんな川柳 知っていますか
「宗論はどちらが負けても釈迦の恥」

知っているわょ お釈迦様の教えが元になって出来ている仏教について
こちらが本当の教えで そちらは本当の教えでないと言い争うのは
どちらが勝っても 負けても 元祖のお釈迦様の恥なんですよ ということでしょ


そこで女将さん 2001.9.11無差別テロ事件から 10年経ったわけですね
犯人とされるイスラム原理主義者達に対し

アメリカは「対テロ戦争」の正義をとなえ 敵意はより先鋭化したわけですね
しかし 正義を唱えたアメリカに対し イスラムにも別の正義があったわけです

イスラムは 平和・従順・放棄・素直・受諾・純粋・遂行
全てを 神アッラーに任せ 他人に対して善行を施す事こそが
イスラムの真の意味であるといいます

このイスラムを敵対視する アメリカやイスラエルと戦うことは 
「聖戦」とされ 敵を殺すための自爆を 名誉としているのです

その昔 十字軍(ヨーロッパのキリスト教国)と イスラム諸国とで
聖地エルサレムをめぐる戦いが繰り広げられました(1096年~1291年)

キリスト教国側から見れば 義軍(異教徒に対する正義の戦い)だったが
イスラム諸国や東方正教会諸国から見れば 残忍な侵略軍だった

オトウサン すごいのネェ 
キリスト教とユダヤ教は 絶えるまで戦うのかしら

最近のヨーロッパにおける民族紛争も 原点は宗教間の争いなのかしら
それを見て お釈迦様は さぞ悲しんでおられることと思いますょ

あたしとオトウサンは 仏教徒でよかったね!!



こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2011-09-14 14:09 | 宗教 | Comments(0)
<<   79の峠 越せるか?  2...   中秋の名月  2011年 ... >>