八十八夜  2012年 5月 7日

 
夏も近づく 八十八夜
c0070150_14214939.jpg

5月1日は 「八十八夜」でしたね
3日は憲法記念日 4日はみどりの日 5日はこどもの日 

大型連休が過ぎ 気がつけば 5日の「立夏」も 過ぎておりました
正月から続いている女房の病も ヤット峠を越えたみたいで
安心したら 「夏」 でした

年が開け 80歳を迎えたトタンに 異常気象 洪水 地震 雷 竜巻 原発0kw.
山岳遭難 大型車両の事故 殺人 孤独死 無罪 円安 政局不安 等々

80歳に ならなきゃぁよかった!
ここらで お茶でも一服 どうですか
 
「茶つみ」の歌で 「あかねだすきにすげの笠」と  歌われているように、
昔は、こんな格好で茶摘みをする姿が、各地で見られました。

江戸時代になつて、庶民の生活も安定してくると
人々は時間ができると お茶を飲み、楽しいひと時を 過ごすようになりました。
 
その時、交わされる話は たわいもない冗談や笑い話。
それで、冗談のことを、お茶とか、茶の話というようになつたそうです。

失言を冗談にしてしまうことは、「茶にする」。
冗談っぼくすることは、「茶と化す」→「茶化す」。
そして、無邪気にふざけることは、「茶目(目は接尾語)」→「茶目つ気」。
                
楽しい時間からは いろいろな言葉が生まれるようです。

「美人の日本語」より

皆さんも 上品な言葉を使って 美人になりませう


こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2012-05-07 10:10 | 季節 | Comments(0)
<<   異常気象と女将さん  20...   原子力発電ゼロの日を迎え ... >>