「ほっ」と。キャンペーン

  北帰行  2015年 2月 17日

 
  北 帰 行
c0070150_16263633.jpg

女将さん 先日(2月13日朝)新聞をとりに行きながら
明るくなってきた東の空を見ましたら
20~30羽の鳥が 逆V字型の編隊を組んで 北西の方向に飛んでいくではないですか

鳥の名前はわかりませんが これが「北帰行」と いうものかと
寒いのも顧みず 思わず見とれてしまいました

オトウサン「北帰行」といいますが どうして鳥は また北へ帰るんですかねぇ
「ハクチョウ」は 日本の一番寒い冬にやってきて
日本より寒そうなシベリアに また帰るんですかね?


女将さんいい質問ですねぇ 今年は脳が冴えていますねぇ
白鳥の生息地は 冬がとても厳しく最低気温は-30C°以下
そんな寒い土地では湖の氷が凍ってしまいまい

餌の水草が 食べられなくなるため
水面が凍らない日本まで餌を求めてやってくるんですよ

オトウサン それなら湖の凍らない日本で ずっと暮らせばいいじゃないの?
女将さん そうとも思うのですが
やはりシベリアを生息地とするハクチョウには 日本の夏は暑すぎるようですよ

ところでこれは余談ですが
寝ている間に湖が凍ってしまい 足が抜けなくなり
北帰行に遅れた「カモ」が数多くいるそうです

猟師は その「カモ」の足を鎌で刈り取り 鴨肉を売って収入源とするそうです
やがて春になると 氷で閉ざされていた その足から芽が出てきて
やがて「カモの芽」「カモメ」となって 第二の人生?を 日本で送るそうです

女将さん その目はわたしを馬鹿にしていますね



こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 


[PR]
by takiro2 | 2015-02-17 16:25 | 季節 | Comments(0)
<<   春彼岸  2015年 3月...   バレンタインデー  201... >>