10年間の1月1日  2016年 1月 5日

 
 10年間の1月1日
c0070150_1663894.jpg

今晩は 女将さんいるかい
私なら ここに一人いますょ

そんな隅っこでストーブにあたっていちゃあ 分からないじゃぁないですか
お客が来ないから 暖房節約したので ストーブのそばにいないと さぶいんだょ

それじゃぁ 私が温めてあげようか
脂肪の無くなったオトウサンじゃぁ たいして暖かくはならないだろうが
貧者の一灯というから ローソク一本の炎でもうれしいょ


ところでわたくし 10年日記をつけているんです もう2冊終わりました
はじめは1996年~2005年 2006年~2015年 の20年間
今年が切れ目で 2016年から2025年までの10年が始まるわけです

10年一昔といいますが もう20年前の事です
70歳の時の世の中に対する処し方 60歳の時の考え方が
毎日走馬燈のように見られるのですから
まさに 人生の記録ですね

初日の出の様子から始まり 初詣で 寒暖の差
だんだんとボケてくる自分のあり様 2012年から始まる女房の病気の記録
息子たち家族の様子 孫が私のことを 初めて「ジー」といった日
社会の事 政治の事 スポーツの事
生活のレベル 友人との関係

元日に届いた年賀状の数(20年前は284通 今年は92通)
飲み屋通い 女将さんとの思いで おいしかったもの まずかったもの
楽しかったこと 辛かったこと 

第1冊目の表紙に 女房の俳句が貼ってあります
毎日が 日曜となる 日記買う (照影)

なんだか里心がついちゃったなぁ 今晩はこれで帰るとします
ちょいとオトウサン あたしを温めもせず 帰るんですか そりゃぁないでしょう

情なしめ 死んじまえ!!



こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 


[PR]
by takiro2 | 2016-01-05 15:46 | ニュース | Comments(0)
<<   謹賀新年  2016年 1...   金の切れ目が…  2016... >>