如   月   2006年 2月 1日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください

     
c0070150_1143287.gif
言葉の響き、漢字、ともに、美しいこの言葉。

漢字の方は、中国の古い書物に、
「二月を 如(じょ)となす」という記述があるからだそうです。

語源の方は、諸説ありますが、よく言われるのが、
寒さが厳しいので衣をさらに重ねて着る 「衣更着(きさらぎ)」という意味だという説。
現代だと、もっとも寒い二月ですから、これが当てはまりますね。
                        
~願はくは 花の下にて 春死なん
その二月(きさらぎ)の 望月(もちづき)のころ~ (西行)


旧暦二月は、今でいう三月半ばですから。 桜が咲く季節だったのですね。                          
そう思うと、陽気が発達してくるから 「気更来(きさらぎ)
草木の芽が張り出すという意味の 「木草張月(きくさはりつき)」が変化したもの、
などの説が正しいのかもしれません。

願はくは、花を夢みて春待たむ………。
新暦の如月の望月には、こんな願いを託しましょうか。

「美人の日本語」より

皆さんも 上品な言葉を使って 美人になりませう

こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2006-02-01 11:29 | 教養・研修 | Comments(0)
<< 恵方巻  2006年 2月 3日  天上天下唯我独尊  2006... >>