接   吻  2006年 8月 19日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


「接吻」の おはなし
c0070150_829675.jpg

こんばんは 女将さんいる

ハイハイ ここに一人おりますょ
なんだかオトウサン元気ないわね


家で 娘と喧嘩しましてね 
そんなにしょげなくていいわょ 子供なんか勝手なもんなんだから
あたしが慰めてあげるわょ

今日は 「接吻」 のお話してあげるから
接吻といえば 飲み物は 「ブランデー」なのょ いつもの日本酒じゃぁだめょ
ブランデーの香りのが キスを誘うの 知っている オトウサン

女は「キスがうまい人にあうと たまらず その先へすすみたい気分になる」のょ

キスによって与えられる快感が どんなにいいか オトウサン知らないでしょう

ことの前後に 思いきり濃厚なキスをするのが
タイミングとしては ベストなの

そうでしょオトウサン 人間の心理として
物事の最初や最後に 強い印象を受けると
それが全体の印象として 受けとってしまう傾向があるでしょ

さらにいってしまえば
他のテクニックが いまいちだったとしても
最初と最後のキスさえ気持ちよければ 万事すべて OKなのょ
そのうえ 女性からの印象は よくなるんですから

オトウサン まず磨くべきは 「キスのテクニック」でしょうねぇ
オトウサン あたしが実験台になるから やってみるかぃ


女将さん お願いしたいのは ヤマヤマですが
ここんとこ 「部分入れ歯」の調子があまりよくありませんので
夢中になって そっちへいっちゃうと いけませんから


きょうは ご遠慮しておきます
またこんど ポリデントで しつかりとめてきたときに お願いします

食い物と念仏は一口づつ


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2006-08-20 08:25 | 教養・研修 | Comments(0)
<<  言 霊 (ことだま)  20...  靖 国 参 拝  2006年... >>