お印  高  野  槙  2006年 12月 6日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


お 印  高  野  槙
c0070150_956412.jpg

 ご隠居さん この寒いのに高野山へいったんだそうですね

熊さん そうなんですょ
でも 例年よりは5℃も暖かいと 土地の人はいっていましたが
寝るときは ストーブはつけっ放し 電気あんかに四方から足を入れ
豆炭のあんかを抱えて寝る始末なんですょ

困ったのは 年のせいか 夜中にチョイチョイ オシッコに起きるんですね
トイレは共同便所なんで 女性の部屋の前を歩いてゆくんですょ

帰りに間違えなきゃぁ いいなぁと心配しながら
便所に着くと あの独特の孤独感が 寒さと一緒に 襲ってくるんですょ
ウオシュレットのトイレが懐かしかったです

ご隠居 そんなぐあいじゃぁ 帰りはまっすぐ自分の部屋ですね
もう縮こんでいて それどころじゃぁありませんょ
パンツから引っ張り出すのがやっとですから

ところでご隠居さん高野山は
秋篠宮ご夫妻が悠仁(ひさひと)さまの「お印」に選んだ
高野槇(こうやまき)の本場なんでしょ


熊さんよく知っていましたね
高野山では 弘法大師がご仏前に花のかわりに槙を供えたことから
一般の家でも槙の枝をご仏前にお供えしているそうですょ

ヒノキに似たよい香りがすることから
観光客の方がおみやげとして買って帰るんですが 房州では育たないそうです。

c0070150_1021395.jpgわたくしたちの前のバス1号車では
高野槙を売っている出店の前に停まって
2本で400円~500円の槙を
全部を買い占めてしまいましたね

支那では諺に
「この世に生を受けたら死ぬ時の事を考えて 槇を植えよ」と言われており
その高野槇で棺桶を作ったそうです
高貴な人達に珍重されていたそうですよ

死しての長者より生きての貧者


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2006-12-06 09:53 | 宗教 | Comments(0)
<<  高野山 奥 の 院  200...  お か げ 横 丁  200... >>