年  の  瀬  2006年 12月 14日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


あした待たるる その宝船
c0070150_9265323.jpg
女将さん 今日は12月14日ですね
なんの日かご存知かな?

バレンタインの日じゃあないの
チョコレートちょうだぁい オトウサン

それは2月14日でしょ

今日は赤穂浪士の 吉良邸討ち入りの日ですょ
だんだん忘れられてきましたね 「忠君愛国の精神」は遠くなりにけりですねぇ
だから 「教育基本法の改定」が必要になってくるんですよ

~年の瀬や 川の流れと 人の身は あした待たるる その宝船~
俳人・宝井其角と 赤穂浪士・大高源吾が
討ち入り前に交わしたといわれる歌です
討ち入りを考えに入れなくても 充分味わえますねぇ 女将さん分かるでしょ

舟で川の瀬を越すように 年の暮れをやっとのことで乗り越える
でも その舟は 明日には宝船になるかもしれない
………そんな夢を抱かせてくれますね
ロマンチックですネェ女将さん

年末ジャンボはまだ売ってるかしら あした買ってこよット
所ジョージさん 当たるようにお願いしますょぉ~


女将さんには ロマンチックな話は無理でしたネェ

宝の山に入りながら空しく帰る



楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2006-12-14 09:24 | 季節 | Comments(0)
<<  思い差し(おもいざし)  2...  金丸新市長 初登庁  200... >>