残る桜 散る桜  2007年 4月 9日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


残 る 桜  散 る 桜
c0070150_148898.jpg

女将さん とうとう 花が散ってしまいましたね
「三日 見ぬまの 桜かな」 とはよく云ったもんですねぇ

花見の盛りに 葬儀などあったもので 今年の花見は無しですよ
先日の4日に東京へ行ったときなど
「花冷え」 かと思ったら 雷と雪でしたからねぇ

でも まだまだ 捨てたもんではありませんよ オトウサン
水面に桜の花びらが舞い散って 筏のように流れていく
そんな様子は 「美しい春の風景」 じゃぁないですか
 

キレイな女将さんを見ていると 今年の桜と重なり合うんですネェ
咲いている花を ほめることは誰でもしますが

やがて満開の桜が 桜吹雪 花の雨 そして葉桜…… となったときに
散る花 散った花を ほめる人は少ないかもしれませんねぇ 女将さん

うば桜になろうと どんな姿になろうと
桜であることに 変わりはないんですから
あたしゃぁ いつまでも ここで この商売を 続けていきますからね!


良寛和尚の辞世の句に
~散る桜 残る桜も 散る桜~

みんな一度は通る道です 元気で長生きして 
毎年きれいな花を 咲かせましょうよ ネェ女将さん

そのうちに あたしも 「毛虫」 になって お邪魔しますから
殺虫剤など かけないでくださいよ

しかし女将さん 年のせいか
「年ごとに 花見に対する情熱が 薄らいでいくんですよ 寂しいことですねぇ」

そろそろ 雨が降らないうちに 帰りましょうか おだいじに

花一時人一盛り


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2007-04-09 14:06 | 季節 | Comments(0)
<<  初    鰹   2007年...  我 に 念 力 を  200... >>