「白 い 恋 人」  2007年 8月 19日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


「白 い 恋 人」 
c0070150_1012914.jpg
 
オトウサン 「白い恋人」 が もめているわね
あの会社の社長さん 一生懸命なのよね

ネーミングだっていいじゃないの
館山だって 「褐色の恋人」ぐらい考えたらどうなのかしら 

「航空会社の機内食に採用」 してもらうために
千歳空港の旅客カウンターに飛び込んで 直談判したり

経営難に陥ったプロのサッカーチーム 「コンサドーレ札幌 を支援」 したり
経営が破綻したエア・ドゥにも手を差し伸べ
機体に 「白い恋人のロゴ入り広告」 を出したり
「男の中の男一匹」 じゃぁないの オトウサン


そうですネェ 女将さん
しかし 「同族会社の弊害」で周囲にイエスマンばかりを 集めたためなのでしょうか
「包装紙の張り替えは知らなかった」といっていますが
それが本当なら「お菓子の王様」は「裸の王様」になってしまったのでしょうね

「白い恋人」誕生三十周年記念キャンペーンの限定品で
売れ残った商品の包装紙をはがし 張り替えるという大胆な手法で
賞味期限を一カ月も先に延ばす 「改ざん」は 十一年も前から続いていたようですよ

問題のあった 三洋電機 パロマ カネボウ 不二家 ミートホープは
みな 「同族会社」 でしたね

わずか六人の家族経営だった 街の駄菓子屋の二代目 石水勲社長(63)は
一九七六年に ロマンチックなネーミングの焼き菓子 「白い恋人」を自ら発案して
年間二億枚を生産する 北海道を代表するブランドにまで成長させましたが

この不祥事件の発覚は 札幌市保健所への 「社員からの内部告発」がきっかけでした

オトウサン 「恋人の嘘」 が 十一年間も分からなかったのが クヤシイょぉ

千丈の堤も蟻の一穴から


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2007-08-19 10:11 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)
<<  「峠」は 過ぎたか  200...  朝青龍の 「うつ」  200... >>