鏡  開  き  2008年 1月 11日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


鏡  開  き
c0070150_18205481.jpg

女将さん明日は 「鏡開き」ですね
女将さんの実家のほうでは 「餅つき」は どうするんですか


暮の29日を避けて 雪の晴れ間に お餅をつくのょ
三臼も 四臼も つくのよ
「のしもち」にしたり 「かきもち」にしたり 「鏡餅」にしたりするのよ
一家総出で 大賑わいなのよ


それは楽しい行事ですね いつまでも いつまでも 残しておきたいですね
我が家の方は お菓子屋さんに
「のしもち1枚」 「鏡餅3個」って たのむんですょ

いまは二人暮らしなので 一枚の 「のしもち」が 食べきれなくて
「カビ」が 生えてしまうありさまです

「鏡餅」も 鏡もちの形をしたパックを スーパーから買って来るんですょ
1月11日の鏡開きには 底のビニールをはがすと
お汁粉用に切った 小さなお餅が 中から出てくるんですよ

これからの子は 「鏡開き」っていうのは
鏡もちの容器の 底のふたを開けることが
鏡開きの行事と 思うんじゃあないですかね

やがては 「鏡開き」 「初夢」 「初荷」 「書初」 「七種」 「鬼門」
みな 「死語」になっちゃうんでしょうね  女将さん寂しいですね

寂しいどうしで 「姫はじめ」 ってぇのは どうでしょうか 女将さんょぉ


アラ! おあいにくさま
あたしゃぁ 「姫はじめ」は 二日の夜に 済ましてしまいましたょ


エェッ! コリァ~ 春から出遅れたか 残念無念 
この分じゃぁ 当分 「女日照り」が 続きますねぇ 


言葉には言霊が宿る


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2008-01-10 10:23 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)
<<  「侘 助 (わびすけ)」  ...  七 草 が ゆ  2008年... >>