「船 場 吉 兆」   2008年 1月 25日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


「 船 場 吉 兆 」
c0070150_1321614.jpg
 
女将さん 「船場吉兆」の 女将がヤラレテいますね
でも シタタカ ですね


オトウサン あたしも水商売をやっているから 分かりますが
アアでなけりゃぁ 大きな 「のれん」は 守れませんよ

だいたい 「吉兆」は 一男四女が それぞれの店を持っているんでしょ
そして 四人の娘は みんな婿取りでしょ

あたしが シッカリしなきゃぁと 四人の娘の戦いは 始まっているんです

お婿さんも 怖くて うかつには 口は出せませんね 

船場の女将は この問題が起きてからは
毎日 「船場吉兆の灯を消したくないと
死んだ父に手を合わせています」
と いってるでしょッ

創業者一族が 経営陣に残ることへの批判に対しても
「事業の継続性を考えると
私の就任が 一番あんじょう(うまく)いくと考えた」

涙も流さず キツパリと いったでしょッ


記者会見で 応答に詰まった前取締役の長男に
横から小声で アドバイスする姿が ニュースなどで取り上げられていましたね


わたしが この 「船場吉兆」を 仕切っているんだ 守っているんだ
私以外には だれもいないんだッ! 
という 「烈女の血の叫び」と 私には聞こえるのょ

そして この日のメニューは ランチが 「3500円から3万2000円」 なの
オトウサン 勉強のために 連れてって


「船場まではいけないけど 船着場の大吉ラーメンでは ダメかい」
ダメ! ダメ! 絶対ダメ!


女の一念岩をも透す


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2008-01-25 13:18 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)
<<  二月 立春大吉  2008年...  水 仙 ま つ り  200... >>