浜  昼  顔  2008年 5月 12日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


 浜  昼  顔  
c0070150_20234263.jpg

女将さん 今日ある女性と 富浦の多々良海岸へいったんですが
砂浜一面 「浜昼顔」の 花でイッパイでしたね

あらオトウサン 御一緒したのはどこの 人ですか?
若い人ですか?


女将さんが 気にするほどの 人ではありませんよ … … …

女将さん 五木ひろしが歌う 「浜昼顔」の 歌知っていますか
知っていますょ

ひとり旅立つ思い出に/旅行鞄につめてきた/
浜昼顔よいつまでも/枯れるなぼくの愛の花/愛の花


砂浜を 這うように茎を伸ばして かなり広い面積で 花を咲かせていましたね

でもなんとなく寂しい花ですね ナンカにしがみついていなければ
波にさらわれ 風に飛ばされるという風情ですね


小林一茶も 「大汐や昼顔砂にしがみつき」と 詠んでいますね

ところが その茎のあいだに 「浜ぼうふうが」 一面にあるではありませんか
オトウサン 「浜ぼうふう」は 酢味噌にしたら最高よ

ところが その 「浜ぼうふう」は 採っちゃいけないらしいんですね
採ろうとすると 浜の人が とんできて 注意されるそうですよ

どうも こころ無い人が 根ごと採っていくので
あと 生えなくなって しまうからだそうですよ


オトウサン あたしも 「浜昼顔」 なのよ
誰かにしがみついていなければ 波や風の思うが侭なのよ
オトウサンそばにいてね 財布にしがみついているからネ オネガイ


財布の底と心の底は人に見せるな


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2008-05-12 20:22 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)
<<   頼る 頼られる  2008...   寒 い 一 日  2008... >>