彼岸の入り  2008年 9月 20日



彼 岸 の 入 り
c0070150_1155511.jpg

女将さん今晩は 涼しくなりましたね 台風はどうでしたか
「暑さ寒さも彼岸まで」 と言いますが 今日は 「彼岸の入り」 ですね

オトウサンこんばんは 涼しくなって 日が短くなってくると
陽気な夏との差が大きく 気持ちが滅入りますね


これが「九月」 というものかもしれませんね 英語で「セプテンバー」 ですね
それじゃぁ フランス語では 「枯葉」 ですか?

「徒然革」 の 兼好法師は 季節の移り変わりに 万物の流れる姿を見ましたね

<春暮れて後、夏になり、夏果てて、秋の来るにはあらず。
春>はやがて夏の気を催し、夏より既に秋は通ひ、
秋は即ち寒くなり、十月は小春の天気、草も青くなり、梅も蕾みぬ。…>


女将さん ここですね
「春が終わって夏になり、 夏が終わって秋が来るのではない。
 春のうちに夏の気配があり、 夏の中に秋の気配が入り込んでいる。」
同様に「死」は すでに「生」の 中にひそんでいる と 言いたかったんですね

「おぎゃぁ」 と 生まれたときから 死も同時スタートしているんですね
オトウサン このごろ化粧ののりが 悪いと思っていたんですが
これは 若くてピチピチしていた時から 始まっていたんですね

なんだかこんばんは 湿っぽくなりましたねぇ
これも 秋だからですかねぇ 九月だからですかねぇ

オトウサン 景気づけに 一杯いきましょうよ

女将さんのつけた ぬるいお酒で スルメおかずに ご詠歌でも詠いましょうか

♪ お酒はぬるめの燗がいい~ 肴はあぶったイカでいい~ (舟唄)


念仏と食い物は一口ずつ


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2008-09-20 11:00 | 季節 | Comments(0)
<<   男と女の 彼岸明け  20...   十 五 夜 お 月 さ ん... >>