カテゴリ:未分類( 63 )

  たなばた  2016年 7月 11日

 
 た な ば た
c0070150_232135.jpg

女将さん 七月に入ったら 1日が「半夏生(はんげしょう)」
7日がもう「七夕(たなばた)」ではないですか
歳をとると 暦の進みも早いですねぇ

ところで オトウサン 「七夕」をどうして「たなばた」と読むんですかねぇ
「七」が(たな)で 「夕」が(ばた)なんですかねぇ
国語辞典には ありませんょ


女将さん そうそう 私も変だなぁ
中国では そう読むのかなぁと 思っていたころがありましたが
そのままにしておきましたが この歳になって やっと分かりました

その昔 日本の禊(みそぎ)の行事として
「乙女が着物を織って棚にそなえ 神様を迎えて秋の豊作を祈ったり 人々のけがれをはらう」と言う神事がありました

その乙女を「たなばたつめ」そして 着物を織る織り機を「たなばた」と言っていました

時とともに この行事がお盆を迎える準備として
「七月七日の夜」に行われるようになりました

ここから 「七月七日の夕方」略して「七夕」を「たなばた」と
当て字で読んだのが始まりだそうです お分かりかな

へぇー 古いお話しないなんてすね
ところでオトウサン 「愛想(あいそう)」って何のことかわかりますか

「にこやかで 人付き合いのよいこと」でしょ

オトウサン 呑んで帰るとき 「お愛想」してくれと言うでしょ
それは「お勘定」の意味があるのょ

今晩の「愛想」忘れないでょ 「油断も隙もありゃしない!!」




こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 



[PR]
by takiro2 | 2016-07-11 23:13 | Comments(0)

  申年と赤パンツ  2016年 1月 15日

 
 申年と赤パンツ
c0070150_13384016.jpg

女将さん 急に寒くなりましたね
昨日 東京は初雪・初氷だったそうですょ

それにしても 寒暖の変化が 激しすぎますね

本来の 館山の陽気 ではありませんね

ところで今年の干支は「申年」なんですね
何を隠そう 私も申年なんですょ

去年あたりから 世間が騒ぎ出しましたが
申年に 赤いパンツを穿くと 縁起がいいと言われだしましたね

どうもこれは 申年の「サル」にかけて「病が去る(サル)」など語呂が良いことや
「赤」は病気を防ぐ厄除けの言い伝えがあるので 赤い肌着が良いとか
「申年」に 赤いパンツを履くと 歳をとっても人に下(しも)のお世話を
してもらわなくても 自分で出来るようになる」と
ユニクロ?あたりが 宣伝したのではないですかねぇ

そういった言い伝えがもとで 12年に一度しかない申年には
ぜひ 赤い下着をつけて過ごしましょう という風になりました


そこで そうゆうことには すぐとびつく わたくし
チャンと 12年前の申年に 赤いパンツを買いました(写真)
少々 ほころびてはおりますが 大過なく 役目を果たしております

でもこういう 「際物(きわもの)」は 自分で買うのではなく
女の人に買ってもらい プレゼントしていただくのが 夢っぽいじゃぁありませんか

これから先の12年間 大事なもののそばで 暖かく見守ってくれるんですから

オトウサン それは あたしに買えっ!ていう事なんですか
役目もしない そんなモノのそばに 12年間も居られるものですか

そんなに欲しいなら ちゃんと役目を果たしてから にしてください
ヤクタダズ



こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 


[PR]
by takiro2 | 2016-01-16 13:48 | Comments(1)

  立春と卵  2015年 2月 4日

 
  立 春 と 卵
c0070150_13103286.jpg

女将さん 今晩は 景気はどうですか
オトウサン 景気なんてもんじゃないですょ 青菜に塩で しおれっぱなしですょ

女将さん そんなにしょげないでくださいよ
昨日は 節分で 「鬼」を追い払い 「福」を招き入れたばかりじゃあないですか

まして今日は 「立春」ですし 加えて「満月」でもありましたね
「立春」や「満月」のときに 財布をお月様にかざすと お金が貯まるそうですょ

アラ! オトウサン そうゆうことは早く言ってょ 今からでも間に合うかしら?
女将さん お月様にも予算があるんじゃないですか? もう予算切れですょ
なぁ~んだ もう駄目なの?!

ところで 「立春」は 春が立つと書きますが
「卵が立つ」のを 知っていますか

オトウサン それはコロンブスが アメリカ大陸を発見した時のことじゃぁないの
女将さん それは 卵の底をコチンと割って 立たせた話でしょ

そうじゃあなくて 何もせずに 卵を立てるんですょ
卵があったら 貸してください チョイチョイと ほら立ったでしょ

それじゃあ あたしもやてみよぉとッ 
オトウサン どうしても立たないわよ


卵が立つのは 「引力の問題」で
女将さんがやっても立たないのは 「能力の問題」ですね

悔しいわねぇ それじゃあ オトウサンの「モノ」を 立たせて見せましょうか
やはり立たないわねぇ

これは 「引力が強い」のか 「精力が弱い」のか の問題ね
 

… … … …(無言)



こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 


[PR]
by takiro2 | 2015-02-05 13:07 | Comments(1)

  七月 夏の夕  2014年 7月 9日

 

c0070150_18112829.jpg


遅くなりましたが 先月よりは一週間早いです
2014.07月分ホームページ  On-Air しました



こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 


[PR]
by takiro2 | 2014-07-08 18:05 | Comments(2)

  酒の稽古 3  2013年 10月 10日

 
  酒の稽古 3
c0070150_19364060.jpg

女将さん 今晩は  また来ました
オトウサンも 来だすと毎日ねぇ

先日のOB会でも 言われました
「先輩のブログは 気まぐれですね 頻度にむらがありますよ」

ところで女将さん 8日のブログで
もし今日30℃になると 史上最も遅い 「真夏日」に なるんですって
と話したばかりなのに 9日には 新潟県糸魚川市で 35.1℃ではありませんか

オトウサン 新潟はあたしの故郷ですが 35℃以上は 「猛暑日」でしょ
暑さに弱い両親は どうしているのか心配です


昨日の セミの話しの 続きですが
鳴くセミは「おす」だけで 「めす」は鳴かないそうですょ

おすのセミは めすのセミに 自分のいる場所を
鳴き声で知らせているのだそうですょ

女将さん 暑い暑いといっていますが 着実に暦は進んでいますね
女将さんの 美貌も体型も 着実に歳相応に進んでいますよ

最近 お客の入りが悪いんじゃあないですか?
オトウサンそうなのょ 昔馴染みの 年配のお客さんが来ないのょ

そうでしょぅ そうでしょぅ 
オスがいくら鳴いても メスが来ないので 場所を変えたんじゃあないですか

では今夜は はぐれオスセミと 飛べなくなったメスセミとで
カンパイといきましょうか

オトウサン 秋ですね 枯葉ですねぇ
角田光代の「八日目の蝉」じゃぁないけれど 侘しいですね

オトウサン あたしの おごりでカンパイしましょう 
そりゃうれしいですね 言ってみるもんですね

カンパイ 乾杯 カチン! カチン!

あしたも 来てね オネガイ!

いや あしたは 10月分ホームページを つくらなきゃぁいけないし
庭の草は とらなきゃぁいけないし 網戸の掃除はあるし
扇風機とストーブの交換をしなきゃあいけないし  それから~………と
当分は 来られそうもないですょ 

オトウサン 来たくないので 無理に仕事つくってるんじゃぁなあい
薄情もの 飲んだビール返せ クヤシイー


徳利から徳利へ秋の夜の酒   (山頭火)


こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2013-10-10 19:43 | Comments(0)

  ギリチョコ  2013年 2月 14日

  
 差し向かい
c0070150_1329139.jpg

女将さん 冷たいですネェ
オトウサン まだまだ寒さは続くそうですょ

ところでオトウサン ここズット わけの分らないブログばかり 書いているけど
今晩は バレンタインデーだし ここいら辺で 少し色っぽいのにしたらどう


少しシツコカッタデスカネぇ それじゃぁ女将さん こんなのどうですか

~あなたがそんなに喜ぶのなら
わたしの目玉をくりぬいて
もう一つ穴を 増やしましょうか~

オトウサン それじゃぁ 色っぽいより 気持ちが悪いわ
それじゃぁ こんなのどうだろう

~笑わないで聞いてくれ
「愛してる」 だなんてクサイけど
ほらね またバカにして笑ったね~

ちょいと若すぎるわ もう少しアダルトで オネガイ!

~なんの寒むかろ みぞれが降ろと
添えて嬉しい 肩と肩~  チョイチョイ

オトウサン のってきましたね もうチョット危ないところで オネガイします!
女将さん これでほんとにお仕舞ですょ 呑むとシツコイんだから

~誘い上手に誘われ上手 跡の付く程結んだ帯も 酒の力でまたゆるむ~
~すがりつきたい すがれば切れる 暖簾たためば店じまい~

オトウサン 隣りにいっても いいかい
カウンターのコッチへ来ると お巡りさんに怒られますょ!!

それじゃぁ 差し向かいでやりましょうヨ!
… … … …

あたしの穴は 今あるだけでジュウブンョ 穴だらけになるのは御免だょ!!
… … … …



こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2013-02-14 13:27 | Comments(0)

  天寿を全うし  2012年 6月 4日

 
 天寿を全うし
c0070150_16241791.jpg

オトウサン 奥さん病気で大変と聞いていましたが
スゴイ洗濯物の量ですねぇ


女将さんもそう思いますか
先日 美容院の女主人にも言われました

わたしの家も 洗濯物が多く出る商売ですが
こんなに 多くありませんネ

ソウでしょ そうでしょぅ
今まで我が家でも こんなに多く洗濯はしていなかったと思いますょ

ところが 洗濯が私の管轄下に入ったとたん
こうなってしまったんです

血液A型のわたくし 合理化を進めるため 
いろいろと調査・分析した結果 原因をつきとめました

洗濯しなくてもいい
干さなくてもいい
たたまなくてもいい
仕舞わなくてもいい
いつでも清潔なものが着られる 

となりますと O型の本妻は
一気に 洗濯物の量を 増やします 

これが原因で 千葉県の男女別平均寿命は
男78.95 女85.49 になっていることが判明しました

オトウサン そんなにしょげなくていいのょ
あたしの分 少し分けてあげるから 今晩少しお金を使ってよォ


長生きするには お金がいるんですネェ



こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2012-06-04 16:19 | Comments(0)

  ささやかな 風を感じて  2012年 6月 3日

 
ささやかな 風を感じて
c0070150_20331433.jpg

六月の異名といえば水無月(みなづき)ですが、語源は諸説あります。

旧暦六月は夏の盛りだったことから、水も潤れ尽きるという意味で水無月。
田に水をひく月なので、水の月という意味で「水な月」(「無」は当て字)
農作業をみんなやり尽くした「皆し尽き」から水無月。
雷が多いことから、「かみなり月」が「みなづき」に変化し、水無月。

異称も多く、涼暮月(すずくれづき)、蝉羽月(せみのはづき)
鳴神月(なるかみづき)、松風月(まつかぜづき)、夏越月(なごしのつき)
葵月(あおいづき)、常夏月(とこなつづき)
そして、風待月……どれも美しい呼び名ばかりです。


蒸し暑い日が続くと、風を恋しく待ち、
ほんのささやかな風にも喜びを感じることができます。

人々が、さまざまな名前で呼んだこの月は、
それだけ、心が敏感になっている、すてきな証かもしれません。


「美人の日本語」より

皆さんも 上品な言葉を使って 美人になりませう

こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2012-06-03 19:00 | Comments(0)

  六月 入梅  2012年 6月 2日

 
六月 入梅

遅れましたが  2012.6月分ホームページ 
On-Air しました


こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 



c0070150_16422597.jpg

[PR]
by takiro2 | 2012-06-02 16:36 | Comments(0)

  夢見月  2012年 3月 13日

草木と一緒に見る夢
c0070150_18443021.jpg
                
三月の異称といえば、まず弥生(やよい)ですね。
語源は、木草弥生月(きくさいやおいづき)が変化したものだということです。
「弥」は、「ますます」とか「いよいよ」という意味ですから、
木や草がますます生い茂る月ということになります。

その月に咲く代表的な花が季節の呼び名になることも多く、
桃月、桜月という呼び方もあります。
そう、旧暦では、桜が咲くころですから、花咲月(はなさきづき)、花見月ともいいました。

桜のことを夢見草ともいいます。
そこから夢見月とも呼ばれるようになりました。

日に日に暖かくなり、春を迎える喜びが、一番感じられる月です。


新しい芽をふき、次々と花を咲かせる草木たち。
それにつられて、私たちも、美しい夢を見ることができますね。

「美人の日本語」より

皆さんも 上品な言葉を使って 美人になりませう

こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2012-03-13 11:16 | Comments(0)