「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:音楽( 5 )

 「つくつく法師」は なんと鳴く  2010年 8月 12日


「つくつく法師」は なんと鳴く
c0070150_1542634.jpg

女将さん 暑い暑いといっておりましたが
先日の8月7日は 「立秋」 だったんですね

オトウサン まだまだ暑さは続くようでスョ
蝉は地上に出て 7日目に死ぬと言いますが お互いに頑張りましょうね

ところで オトウサン お客さんに聞いたんですが
昔の人は 蝉の声でも さまざまな聞き方を したんですってね

「つくつくぼうし」の 鳴き声は
旅の途中 病気で亡くなった 筑紫(つくし)の人の魂が 蝉になって
「筑紫恋(つくしこい)し」と 鳴くんですって


女将さん 明治の文豪 幸田露伴が 「つくつくぼうし」の 鳴き声を
「空耳か うつくし湖(うみ)と 蝉の鳴く」の 句があるそうです

そのほか「ミンミンゼミ」は 「見(み)う 見(み)う (会いたい会いたい)」と 鳴き
「クマゼミ」は 「然(し)か 然(し)か (そうだそうだ)」と 鳴くそうですよ

言われて見れば そうとも聞こえますね
しかしながら女将さん 蝉のメスは鳴かないそうです

そこで 作家の北杜夫さんは随筆で
「蝉の生涯は幸いなるかな 彼らは声なき妻を有すればなり」
と書いています

女将さんも あまりウルサイと 嫌われますょ
大きなお世話です わたしは蝉じゃぁありません!!



こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 
[PR]
by takiro2 | 2010-08-12 14:42 | 音楽 | Comments(0)

  髪のみだれは 私の頭  2010年 5月 25日


塩屋岬と みだれ髪の碑
c0070150_958170.jpg

♪ 髪のみだれに 手をやれば
赤い蹴出が 風に舞う
憎や 恋しや 塩屋の岬
投げて届かぬ 想いの糸が
胸にからんで 涙をしぼる ♪

オトウサン 来てたのね 「みだれ髪」を 唄うお客さんは 
ほかには居ないから すぐわかったわ


わたしは音痴で 下手ですから
お客さんの来る前に 唄っちゃおうと思いましてね

でもこの唄の歌詞が いいですね 女将さん
オトウサン そうねぇ とくに三番の 

春は二重に 巻いた帯
三重に巻いても 余る秋

わかるわぁ この気持ち(涙)

「ひばり」も このくだりが お気に入りだったそうでスョ

  

こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage

  
[PR]
by takiro2 | 2010-05-25 09:57 | 音楽 | Comments(0)

 寒気の歌  2006年 12月 11日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


歓  喜  の  歌  声  高  ら  か
c0070150_19492591.jpg

ヤァー 八っつぁん 熊さんいるかい 寒いね
暮れらしくなってきましたね

ご隠居さん この寒いのに “寒気の歌” だってさ
寒さを 吹きとばそおってんですかね
ベー答弁が 12月16日に南総ホールでやるんだそうですょ しかも弁当付きですって


熊さん何いってるんだか サッパリ分かりませんね
館山 鴨川 南房総市 鋸南町の愛好家97人で編成する
平均年齢約60歳のシニア合唱団が 
ベートーベンの「交響曲第九番合唱付き」の公演を行うことでしょ

本番では 君津市から54人の助っ人が参加
総勢150人で "歓喜の歌”を高らかに歌い上げるそうです
しかも「ドイツ語」でですよ すごいもんじゃあないですか

意味分かってやってるんですかね ご隠居さん
暮れの歌は 三角の帽子かぶって 「ジングルべル」
暮れの行事は 日蓮宗の団扇叩いての行列 虚無僧姿の人が尺八吹いての角付け
モット古くは キリスト教の 「社会鍋」と決まっていたもんですがね
時代が変わりましたね 「ドイツ語」ですかねぇ


みんな 「ムンクの叫び」みたいな顔していますが
練習風景の中に わたしの知ってる人が2名います 頑張ってくれるといいですね
皆さんの知人はいますか 応援してやってください
入場料は全席自由で3000円です

左の高いところにいる 2番目の人の胸のあたりに なにやら?
アッ!ここにも  アッ!!あそこにも


師走女の化粧には山の神も怖がる
(忙しまぎれに化粧をするので 師走の女の化粧はすさまじい)



楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2006-12-11 19:45 | 音楽 | Comments(0)

 オペラ オペレッタ ミュージカル  2006年 3月 8日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


オペラ オペレッタ ミュージカル
c0070150_1343887.jpg

女将さん 今晩は
アラおとうさんお元気 まだ食事制限やっているの 今日もお酒一本で終わりなのかい
まぁそういわないで ガマンしてくださいな そのうちによくなりますから

ところで女将さん 先日南総ホールへ「歌劇 椿姫」を見に行きました
友達から券を2枚頂いたので 止むを得ず行ったわけですが

アラ!どなたとご一緒だったんですか
マァ そうイジメナイデくださいょ 今度都合を付けますから

イタリー語は「マカロニ」「スパゲティー」しか分かりませんが 感激しましたね

幕間で 解説はしてくれるのですが
今 その解説のどこをやっているのかが 分かりせんでした
しかし最後 椿姫が死ぬ時は おもはず眼に涙しましたネ

おとうさんは涙もろいからネェ 私のときも泣いてね

c0070150_1361539.jpgところで去年 「カルメン」が来た時とは
様子が違うんですよ

カルメンの時は
楽団は 「オーケストラボックス」に入っていて
観客からは見えませんでした
そして広い舞台で 大勢が 歌ったり せりふが入ったり 合唱したり 劇をしていましたが

c0070150_1318475.jpg
今回の 「椿姫」は 楽団が舞台に陣取り

椿姫は 脇役と二三人で 指揮者の後ろの狭いところで
歌で話し合いをする 劇だけでした

時々合唱団が出てきて 合唱をするんですね


女将さん これでオペラと オペレッタの違いは分かりましたかね

全然分からないわ それならおとうさん「純米酒」と「吟醸酒」との違い分かりますか
全然分かりませんね
そうでしょッ

ネェ さっきから お酒なくなっているのょ 2本目どうするのッ!!


今度 「オペラ座の怪人」を見に連れて行くから 機嫌直してくれょ
イヤ 「オペラ座の怪人」は 後でビデオテープを送りますから それを見てください
わたしゃぁ 「オペラ座」より 「ギョウザ」のほうが 好きですからねっ!

ハイ サヨウナラ

女子と小人は養い難し

楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2006-03-08 13:00 | 音楽 | Comments(1)

3月 21日

文字サイズ「大」でご覧ください

カ ル メ ン

 館山に オペラ が やってきた
 一度も見たこてがないので 南総文化ホール へ 出かけた
c0070150_1839157.jpg

 開演30分前でしたが 「最後尾」のプラカードを持っている 女の人のそばへいったら
 「どうぞ」 と いうので 受付の前を通って パンフレットを貰って 入りました 
 
 中へ入ると 案内の人が 最前列の席に 座らせてくださいました
 よほど 年寄りに 見えたのかもしれません
c0070150_18413840.jpg

 いよいよ 14時 開演です
 かなり低い オーケストラボックス の 中から かの有名な カルメンの曲が 流れてきました
 しかし オーケストラの 皆さんが見えないので 臨場感はありませんでした
 舞台にはこ 100人からの出演者が並び その中に 友人の 座間さんが いたのには驚きでした
c0070150_18422485.jpg
 
しかし コーラスが始まると 確か 日本語のオペラのはずなのに 意味が解らない 
本職の3人 カルメンと ホセと スニガは さすがに日本語とわかった
c0070150_18533976.jpg
4幕まであったが 1幕だけを見て 帰ってきた

帰りに 「よく 眠っちゃった!」 と 子どもが お父さんに いっていた
c0070150_16121547.gif
楽しくて チョットHな my homepage

[PR]
by takiro2 | 2005-03-21 18:12 | 音楽 | Comments(0)