「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:教養・研修( 76 )

  いい夫婦の日  2016年 11月 23日

 
 いい夫婦の日
c0070150_11421292.jpg

女将さん今晩は! お変わりありませんか
オトウサン 昨夜会ったばかりでしょ なに言っているのょ
毎晩来ないで 間が空いても 長く続けて来てよね


分かりました いつまで続くかわかりませんが これからそう致します 
ところで女将さん 昨日は何の日か知っていましたか

昨日は 福島の津波で 大変でしたが
11月22日 火曜日で 暦の上では「小雪」でしょ

それはそうですが 語呂合わせで 「いいふうふ」「いい夫婦」の日なんです

そこで一句
「夫婦の日 祝いに秋刀魚 二匹焼き」 てぇ言うのはどうでしょうかねぇ

相手が 語呂合わせを知っているかどうかですが まあまあですね
女将さんに褒められてうれしいねぇ

ついでにもう一句
「熱燗と 告げていつもの 席に着き」 いいでしょう
それは いつも言っていることと 変わらないじゃあないですか

女将さんそれがいいんですょ 絵になっているじゃぁありませんか
一ランク上ですね 

うれしくて 房日新聞の俳句に投稿しました 忙しくても目を通しておいてくださいょ
金魚の話はこの次にしましょう それではバイバイ 

オトウサン それはないでしょう 俳句は嘘なのかい 熱燗ついているわょ!!



こちらから どうぞ

楽しくて チョット H な my homepage
 


[PR]
by takiro2 | 2016-11-23 11:36 | 教養・研修 | Comments(0)

  お彼岸の夜  2016年 3月 18日

 
 お 彼 岸 の 夜
c0070150_1281031.jpg

女将さん 今晩は お元気ですか
オトウサンですか こちらはとっても元気ですょ

「暑さ寒さも彼岸まで」といいますが 一気に春ですね 
庭の河津は葉桜になってしまいましたが 吉野が開花宣言しましたね

ところでオトウサン チョットお話が有るんですけれど
女将さんなんですか? まだ座らないうちに

オトウサン この頃お店に来る回数が 極端に少なくなったでしょ
たまに来て大騒ぎして まとまった勘定払って お帰りになるのは嬉しいけど
あたしとしては 勘定をそんなに払わなくてもいいから ちょいちょい来てほしいの


… … …  女将さん 意味深なお話ですが
ひょっとすると このブログのことを  言っているんじゃあないですか

私も気にはしているんですが
この頃は 月に一回のホームページの書き換えと 月に一回のブログだけですからねぇ

落語じゃないですが オチまで考えてのブログは
天寿をとおに過ぎた 私としては おっしゃる通り やや重荷になっているんですょ

女将さんが 勘定はいいから ちょいちょい来てというのなら
出来るかどうかわかりませんが
ブログも回数を増やし 足しげくお邪魔したいと思いますよ

一度にたくさんは頑張れなくても 少しずつならがんばれる
階段を一段一段ゆっくりのぼるように 少しずつ頑張ってみよう(菜根譚) 

何でも ほどほどが丁度いいんじゃぁありませんか
女将さん 今日はいいお彼岸を迎えましたね 悟りを開きました では さようなら

オトウサン 何もしないで帰るんですか 暖房代ぐらいは払っていってょ
何もわかっていないんだから
 



こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 




[PR]
by takiro2 | 2016-03-18 12:03 | 教養・研修 | Comments(0)

  年間休日52日  2014年 9月 9日


 

    
  年間休日 52日
c0070150_14464991.jpg

女将さん 月日の過ぎるのは 早いですねぇ
昨晩9月8日「中秋の名月」と思っていたら
今日9月9日は「重陽の節句」ではありませんか

オトウサン ホントホントね
お団子やススキを手配したら すぐ菊の花ですからね

忙しさに紛れて 年を重ねているのをも忘れていますね 
やはり 「秋」は すぐそこですね おセンチになるわ

女将さん年々 一年が早く過ぎていきますね
20歳代は20キロ 40歳代は40キロ 80歳代は80キロのスピードで
一年が過ぎていくと いうではないですか

そこで このスピードに追い付くために 考えをチョット変えてみましょう
実は前にいた会社が 24時間勤務体制で働いていました

24時間 誰かが働いているためには
みんなで 曜日に関係なく 昼夜交代で勤務をしていなければなりませんね

そこで問題が生じます おれ達にも通常勤務者と同じく 日曜日の数だけ休日をくれ
女将さん これからが本題です 一年間に日曜日は何回ありますか
それは 52回なんですよ

オトウサン それじゃぁ 一年間は52週間しかないと思ってもいいわけね
今年はあと17週間しかありませんよ

そうです 女将さん 日曜日だけを考えれは16回 17回目は来年1月4日ですよ
一週間に1回食べるもの 飲むもの 使うものは 52個あればいいんですょ
一週間に2回のものは 104個あればいいんです

女将さんのところへ 週1回来ると あと16回しかありませんね
17回目は もう 来年の正月ですね

一年てえのァ早いですね
昔っから 「光陰矢の如し」なんてえ言葉がありますが
これはどういう意味かと言うと
光陰というものは ああ 矢のごとしだなあ という意味なんだょ 女将さん!!

オトウサン 訳わからんこと言って また勘定をごまかそうとしたって
「その手は 桑名の焼きハマグリ」だょ!

こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2014-09-09 15:36 | 教養・研修 | Comments(0)

  吉報 天の恵み  2013年 11月 18日

 
  吉報 天の恵み
c0070150_18214339.jpg

女将さん てえへんだァ てえへんだァ
オトウサン 東京なまりで どうしたの 何か大変なの?

二サンチ前の雨といい 昨日の雨といい
これは 天の恵みというものでしょうね

オトウサン 雨がどうしたっていうんですかい
女将さん 驚いちゃあいけないょ

いつも暮れ近くなって苦労するのが 網戸の清掃なんですょ
寒いのに冷たい水でシャワーをかけ ブラシやスポンジで 洗うんですけど
手はかじかむ 長靴には水が入るで このつらさ
女将さんにも 経験してもらいたいもんですねぇ

なに言ってんだい あたしなんざぁ 水商売というくらい
年がら年ぢゅう 水仕事をしているんだょ 


女将さん実は 雨の日に網戸を外に出して 雨に洗わせるんですょ
これが実にきれいになるんです 雨が降れば降るほど 歓迎です

途中でひっくり返せばなおきれいになります 
雨が降り止んだら そのまま乾かして すべて終了 OK!

15日の午後 ちょっと大粒の雨が降っただけで きれいになりました OK
17日の小雨では 雨が流れたところが
筋になって きれいになっているじゃあ ありませんか

この次の雨で また出しゃぁいいんですから
こんなに雨の降るのを待ちわびたことは 今までにありませんでしたねぇ

女将さんも 少しは雨に濡れたらどうですか オンナップリがあがりますょ
でも目の下に黒い筋ができると 気持ち悪いですねぇ

この方法は 特許が取れないもんですかねぇ 女将さん
オトウサンも ノー天気ですねぇ 頭の皿が乾いたんじゃあないですか



こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2013-11-18 18:20 | 教養・研修 | Comments(0)

  あと二ヶ月  2013年 11月 2日

 
  あと二ヶ月
c0070150_14241043.jpg

オトウサン 今年もあと二ヶ月で終わりですね

女将さん あと二ヶ月と思うか もう二ヶ月と思うか
思うのは まちまちですが 一年てえのァ早いですね

昔っから 「光陰矢の如し」 なんてえ言葉がありますが
これはどういう意味かと言うと…

古今亭志ん朝に 言わせると
「光陰」というものは、ああ 「矢のごとし」だなあ
という意味だそうです

オトウサン 何いっているのょ おかしいんしゃないの
それなら 「万物の霊長」て 何なの?


それは何だょ 「万物」てェ人がね
何かの拍子で 「霊長」しちまうんだょ

オトウサン 年が替わるというのに かなり重症ですね
越せられるかしら 心配だわ!

二日前には 「ハローウィン」 終わったと思ったら 「クリスマス」でしょ
キリストに押されて お釈迦様の 出る幕ないじゃないの

オトウサン 何か言って

「両雄並び立たず」というのは
「両雄」というモノは アア「並び立たず」なんだなぁ という意味なんですよ

女将さん 何かのときに こういって置けば
角が立たず 笑いのうちに その場を納められるでしょ

女将さんも 練習してくださいよ
「一寸先は闇」 「馬が西向きゃ尾が東」 
「うわばみッてのは どうして うわばみなの?」

今晩の勘定 ごまかされないように 気をつけなければ!!



こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2013-11-02 14:21 | 教養・研修 | Comments(0)

  「オノマトペ」  2013年 6月 14日

  
 「オノマトペ」
c0070150_14435944.jpg

ヤァヤァ 女将さん暫らく 元気ですか?
オトウサン なにが ヤァヤァょ 一ヶ月のゴブサタょ!

ごめんなさい なんせ 「主夫」を 勤めていると 
先月末の仕事の繰越し 今月初めからの 家事のあれこれが
一段落するのが 毎月この時期になっちゃうんですょ

オトウサンも大変ネェ 手伝いに行きましょうか
イヤイヤ 来られちゃ かえって余分な仕事が増えますから

ところでオトウサン 「ヤァヤァ」とか 「イヤイヤ」とか 「あれこれ」とか
話の中で出てきましたが 

そういう言葉を 「オノマトペ」と言うのょ 「擬音語」のことなのょ
これは 「様子」や「動作」や「感情」を表現する言葉で フランス語なのょ

たとえば
びしょびしょ・めきめき・どきどき・ころころ
がたんごとん・びりびり・わんわん・もやもや・ひそひそ


そういえば 最近 漫画によく出てきますね 日本語には多いのではないですか
オトウサン そうなのょ この「オノマトペ」と言う言葉は
俳句の世界では 昔から使われているんですょ


女将さん このごろずいぶん冴えていますね
そうょ この「じめじめ」した 入梅があけたら
「のんびり」などしていられないわ 「じゃんじゃん」稼せがなきゃぁ


私は 「むっと」顔を歪めて 「淡々」と応えた
なにごとも 「ほどほど」に!

この次は 「コチコチ」な話ではなく 「ニャニャ」した 話にしましょうよ



こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2013-06-14 14:27 | 教養・研修 | Comments(0)

  一目(ひとめ)上がり  2013年 1月 14日

  
 「一目(ひとめ)上がり」
c0070150_1758412.jpg

女将さん今晩は 今年は今日でまだ 二回目ですね
東京はすごい「雪」ですね 館山にも「暴風警報」が出ましたね

足が遠のいたのは 女将さんに魅力がなくなった分けではありませんよ
どうせあたしは また一つ年を重ねましたからね
おばあさんに なりましたからね


女将さん そんなにひがんじゃぁいけません まだまだ キレイですょ

今晩は お正月の落語 噺の題は「一目(ひとめ)上がり」
▼「おや、八っつぁんかい、お入り」。
ご隠居を訪ねた八五郎は床の間の掛け軸に目をとめる。絵には言葉が添えてある。
「この能書き、何です?」「それは芭蕉の讃だ。こういうものを見た時は、
結構な讃ですねと言って褒めるもんだ」

▼いいこと聞いた、と今度は易者の先生宅を訪ね、掛け軸を見せてもらう。
「結構なサンですね」「これはな、連詩と言って、詩だ」。
讃が詩になり、次に訪ねた医者の家では「結構なシですね」
「詩じゃない、これはな、一休禅師の悟(語)だ」と教えられる。
八五郎の頭の中では三から四、五と増えていく

▼一つ上げりゃいいんだな、さっきは五までいったから、と見当をつけた八五郎は、
次の家では船に大勢が乗った掛け軸の絵を見て言う。
「結構な六で」「ばか言え、七福神だ」。
おあとがよろしいようで。

女将さん これにならって 「一目上がり」の四字熟語をつくってみませんか
一石二鳥 二束三文 三寒四温 四捨五入 五臓六腑
六?七? オトウサン エーと エーと 六と七の熟語が分らない~
七転八起 八?九? 九死一生 また元へ戻る というところで

一つずつ増えて 目出度く納めましょう

女将さん 今年もよろしくね
ところでオトウサン 足の怪我はどうした

ダンダン範囲が広くなってきましたが 大丈夫だと思います
みなさん お見舞いありがとうございます がんばります

c0070150_18222897.jpg


こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2013-01-14 17:58 | 教養・研修 | Comments(1)

  今日は 6月6日  2012年 6月 6日

 
 今日は 6月6日
c0070150_22142019.jpg

女将さん 今日は 二十四節気の1つ「芒種」ですね
オトウサン 「芒種」って何のこと

芒(のぎ)を持った植物の種をまく頃だそうですょ
芒って言うのは コメ・ムギなどイネ科の植物のことらしいですね

オトウサン 今日は6月6日の 「ぞろ目」でしょ
毎月一日は 月と日にちと 同じ数字になる日があるわけです

ぞろ目の日は 何かいいことが あるんですかネェ
1月1日 3月3日 5月5日 7月7日なんか有名でしょ


女将さんそこで 6月6日を調べてみましたら
ありましたね ありましたね

まず 今日6月6日は
年始から157日目(閏年では158日目)にあたり 年末まであと208日です

楽器の日・いけばなの日
芸事は6歳の6月6日から始めると 上達すると言われている

かえるの日
かえるの鳴き声 「けろ(6)けろ(6)」の 語呂合せ

その他 「梅の日」 「ロールケーキの日」 「ワイパーの日」 「補聴器の日」が ありますが
特にすごいのは

恐怖の日
聖書の中で「666」は 獣の数字と言われておりまして
悪魔的な意味合いがあるのですね オーメン!

オトウサンあたし 「オーメン」という映画知っているわ
この映画の主人公が キリスト教の不吉な数字 「獣」をあらわす「666」の刻印を
身に受けた 「悪魔の子」なの

6月6日6時に誕生したこの呪われた子供 「ダミアン」の周りで起こる
不気味な事故・事件・現象のショックシーンが 満載なの 怖かったわぁ~

オトウサン チョット頭見せてょ
 どうして?
ダミアンの「666」は 頭に刻印されているのょ

どうせ私は 禿げていますから いつでも見えるでしょ!!



こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2012-06-06 22:07 | 教養・研修 | Comments(0)

  天野屋利兵衛は「男」でござる  2011年 12月 14日

 
天野屋利兵衛は「男」でござる
c0070150_16418100.jpg

女将さん 忙しいようですネェ 師走ですネェ
オトウサン どうも風邪引いたみたいなの

暑い寒いが交互に来ると 風邪ひくそうですょ きおつけてくださいね

ところで今日は 師走半ばの十四日ですねぇ
赤穂の浪士が 吉良邸に討ち入り 本懐を遂げた日 「義士祭」ですね

そこで女将さん 「天野屋利平衛(あまのや りへい)」を 知っていますか?
いや 初耳よ   そうでしょうねぇ

天野屋利平衛は 赤穂浪士の親分 「大石蔵之助」に頼まれて
討ち入り衣装や 武器を調達していましたが

いよいよ 最後の荷が出ようとする日に 捕り手が来て
大石一味の討ち入り計画を 白状させようと
利平衛の一子 「よし松」を 殺すと脅します

しかし利平衛は 武器の入っている 長持ちの上にあぐらをかいて
「天野屋利平衛は 男でござる」と 言い放ち
発注もとの名も言わず 長持ちの中身も見せなかったそうです

そのおかげで 赤穂浪士は無事本懐を遂げることができました チョンチョン

ところでこの話に オマケがありまして
ある日、大石内蔵助良雄は 義侠の商人天野屋利兵衛の家をたずね
武器調達の密談を重ねまして その夜はそのまま 利兵衛の家に泊ります 

この利兵衛の家には ちょいと 渋ッ皮のむけた 女中が一人おりまして
なンしろ利兵衛は ここしばらくは ヤモメ暮らしでございましたので

「よし 今夜アひとつ あの女中をコマしたろうかい」てンで 
女中が手水場(ちようずば)に立ちましたあいだに こっそり女中部屋に忍びこみ
ふとんにもぐりこんで 女中の帰りを待っておりました

思いは同じ大石内蔵助 妻と別れ一人暮らしでモヤモヤしてるところへ
昼間 あの女中を見ましたから もう我慢ができません

これまた 女中部屋へ忍びこむと くらやみの中で ふとんにもぐり
やにわに 股の間に手を突っこんだ……

ウワァと 相手がはね起きたかと思うと、
「天野屋利兵衛は 男でごぎる!!」  チョンチョン

ところで オトウサンの 「男」は どこへ行っちゃったんでしょうねぇ
おあとがよろしいようで ハイさようなら



こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2011-12-14 16:02 | 教養・研修 | Comments(1)

  「未曾有」の出来事  2011年 11月 5日

 
「未曾有」の出来事
c0070150_1545016.jpg

女将さん 最近 想像もしていない 事件・事故・変化が 続きますネェ

そうねぇー 東日本大震災の「地震」・「津波」・「原発」の 天災や事故でしょ
ギリシャの 「経済破綻」でしょ
タイの 「洪水」でしょ
アメリカの大雪でしょ
立冬だというのに 「夏日」が 来るんでしょ


そうですねぇー 「想定外」とか 「未曾有」のことだと
マスコミは報道していますが 地球はどうなるんですかねー

ところで女将さん
「未曾有」とは どう読むのか知っていますか?

みぞーう (う は発音しますか)
みぞー  (う は発音しませんか)

これは学者の中でも 意見がいろいろあるらしいですよ
パソコンでは 「う」は 入れませんね  入れると 「未曾有于」になります

女将さん くれぐれも 「ミ・ゾー・ユー」と云わないでくださいよ
恥ずかしいですから!



こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2011-11-05 15:02 | 教養・研修 | Comments(0)