<   2007年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 六 月  梅 雨 寒  2007年 5月 31日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


六 月  梅 雨 寒

2007.06月分ホームページ On-Air しました

こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 



c0070150_14265934.jpg

[PR]
by takiro2 | 2007-05-31 14:27 | 季節 | Comments(0)

 新  旧  交  代  2007年 5月 28日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


訃     報
c0070150_1558772.jpg

八っつぁん 熊さん 聞いたかい
いま野党から 「なんとか還元水」でつるし上げ攻撃を受けていた
松岡農林水産大臣が亡くなりました

「いろいろと 事情があっての 苦しい答弁だった」とは思いますが
お悔やみ申し上げます

これで野党も しばらくは目覚めの悪いことでしょう

ところで話は変わりますが
人間の社会も 「新陳代謝」がなくては 老化するばかりで
進歩がないことは 誰しも認めるところですが

自然界はスムースにいっても 人間社会では なかなかうまくいきませんね
古いものが 頑強に抵抗して 新陳代謝を妨げるからでしょうかねぇ

時代の声は 「世代交代」「新旧交代」をせまっていますからね
人為的で かつ無理な 新陳代謝は困りますが
自然な形で 新旧がいれかわることは 大歓迎ですね

「わしも歳だから そろそろ後進に道をゆずらねば…」という声と
「まだまだ 若い者には負けないぞ」という声とがありますが

歳をとればとるほど 引退でなく 「延命を考える」のが人間なんですね
いつまでも 現職にしがみつかず あとがまは いくらでも居るんですから

思い切って退き 仕事一筋で生きてきた あなたには
退職後は 家事が 近所付き合いが 老いが 待っています

そろそろ 「オトコの 老いの仕度」に備えておくべきです
朝青龍も 白鵬に横綱をゆずり 引退すると思いますよ


飛ぶ鳥も後を見よ


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2007-05-28 15:56 | ニュース | Comments(0)

 ほ め 上 手  2007年 5月 25日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


ほ  め  上  手
c0070150_11383580.jpg

女将さん コンバンハ
今日は 一日中冷たい雨ですね

オャ オトウサン よく来てくれましたね 雨の中を

女将さん きょうは湿度が高いせいか ずいぶんお肌がしっとりしていますね
なんだかこのごろ 痩せたんじゃあないですか キレイですょ

ホントに オトウサンは ほめるの上手なんだから その気になっちゃうわよ

でも わたしの ほめ方は 「口先だけだ!」といわれ
ときどき 誤解を招くんです

ほめているつもりなんですが 相手には皮肉だ 嫌みだと
受け取られている場合があるんですよ

いやいや オトウサン 「口」だけで人をほめることはできませんよ
「耳」と「目」そして「心」でほめなきゃぁ


女将さん いい事いいますね 「聴」という漢字はこのことを言っているんですネ
つまり 相手の話をよく聴き 相手をよく見て 相手の行為を心で受け止める
これですネ


ほめ上手は 観察上手なんですね
オトウサンは あたしのことをよく見ているもん

あたしの知らない 「顔のシミ」まで知っているんだから
まして あたしの心の中は すっかりお見通しなんですから

ホントに オトウサンに ほめてもらうと うれしいょ
もう一本お燗してあげるからね 勘定はいらないょ


でも女将さん もうほめるとこないですよ!

相手が好意を示せば こちらもその人に好意を持つ
魚心あれば水心


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2007-05-25 11:33 | 教養・研修 | Comments(1)

 元気はなまもの  2007年 5月 22日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


元気は なまもの
c0070150_16294886.jpg

女将さん 不謹慎でしたが 20日に義兄の四十九日の法要の帰り
浅草の観音様に 行って来ました

「三社祭の最終日」でしたが スゴイ賑わいでした

黒のネクタイは外しましたが 黒のダブルで お返しの品を持つて
カメラを構えている姿は 異様だったんじゃないですかね

神輿の上には 乗っては いけないことに なっていたそうですが
彫り物の兄さんたちや 女の子も乗っていましたね

しかし 昔と比べると なんとなく かつぎ手のみなさんが 「優等生」
元気がありませんでした

オトウサン どうして 元気がなくなるのでしょうねぇ
あれもダメ これもダメと 規制するからですかね


そうですね 女将さん
もしかしたら 「元気は なまもの」 なのかもしれませんよ

使えば どんどん新しく補給できるけれど
使わずにためておけば 腐っていってしまう……


オトウサン それなら どんどん 「元気」 を使いましょうょ
お客さんにも 振りまいて 分けてあげましょうょ
そうすれば また 「新しい元気」が ドンドン補給されるんですからねッ


でも女将さん 「新しい元気」
若返るのはイイですけれど 少しは 年も考えなきゃぁねぇ

オトウサン 何か言った?  イヤ 何も言ってません! 

人を愛すれば則ち人之を愛す


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2007-05-22 11:08 | ブログ | Comments(1)

 誘 惑 ゾ ー ン  2007年 5月 18日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


誘 惑 ゾ ー ン
c0070150_14345952.jpg

女将さん きょうはずいぶんと 近くに座りますね
60センチ以内には 近づかないでくださいよ

あらオトウサン 何か不服でもあるんですか
何処に座ろうと あたしの勝手でしょ


女将さん 「距離と人間関係は比例」 しているんですよ
「誘惑ゾーン」
 と呼ばれる距離に居られるのは 恋人だけですよ

その 「誘惑ゾーン」 というのが 60センチなの?
そうなんです 逆に言うと 60センチ以内に平気でいられる人は
特別な関係にある人なんです

女将さん お客と話をするときに
「誘惑ゾーン」 の距離で 話をしてみましょう

そうすれば お客さんには
女将さんの 「香り」 がするでしょ
女将さんの 「うなじ」 が見えるでしょ   
女将さんに 「ボディータッチ」 がすぐできるでしょ

オトウサン
あたしの 「香り」 がするかい ?
あたしの 「うなじ」 が見えるかい ?
あたしに 「ボディータッチ」 してみるかい ?


女将さ~ん
鼻が詰まっていて 匂いがわかりませ~ん !
老人性白内障で うなじは見えませ~ん !
指が関節炎で ボディータッチができませ~ん !

そういえば ここ 二 三十年 60センチに近づいたこと ないなぁ~

近すぎるとかえって見えないことがある (菜根譚)


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2007-05-18 14:33 | ブログ | Comments(0)

 かんのむし 「メタボリツク」  2007年 5月 15日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


かんのむし 「メタボリツク」
c0070150_1137383.jpg

ご隠居さん 散々騒いだ
「メタボリツクシンドローム」の雲行きが 怪しくなってきましたね


熊さん 情報が早いですね
例の 腹まわりが 男性85センチ 女性90センチ というヤツですか

そうなんですょ
自治医大地域医療学センターの発表によると

全国の メタボリツク対象者2176人について調べたら
「メタボリックの人の死亡率」は そうてない人の1.09倍で
統計的に 意味のある差は なかったそうですょ (朝日新聞)


熊さん 少し騒ぎすぎでしたかね
お医者さんも
「メタボリックと診断されても恐れず
生活習慣の改善に努めればよいのでは」
といっていますね

ご隠居さん 生死の問題は別として
あんまり腹の出ているのは これから 薄衣になったとき
かっこ悪いですよね とくに女の人は改善に努めたほうがいいですよね


禁煙と同じで 「死亡率が高くなるぞ」と脅かしたほうが
痩せるためには 効果があるかもしれませんね 熊さん


死なば卒中


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2007-05-15 11:35 | 衛生 医療 | Comments(0)

 かんのむし 「拉 致」  2007年 5月 13日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


かんのむし 「拉 致」
c0070150_16544338.jpg

八っつぁん 熊さん お久しぶりですね
熱い寒いが 定まりませんね

ご隠居さん ホンとですね
きのうまでストーブつけていたら 今日は半袖ですからネェ

カカアが気が利きすぎて 夏物に全部変えちまったんで
ここ にさんちは 寒くてしょうがねぇゃ


ところで 八っつぁん
3月16日の 「かんのむし」でもお話しましたが
「拉致問題」が予想どうりの進展になってきましたね

ご隠居さん
アメリカもいつまでも 「拉致」にかかわってはいられない

「米国民が 直接拉致の被害にあったわけではない」
「拉致問題の解決は テロ支援国家の指定解除の前提条件にはならない」

(朝日新聞)
と ライス国務長官の発言がありましたね これが本音でしょうね

ブッシュ大統領は 安倍首相との会談で
「指定解除の前提条件に考慮する」といっていましたが
やはり 背に腹は替えられないのでしょうかね

これからは 指定解除と拉致を切り離し
米朝は接近していくんでしょうね


いよいよ 日本は6カ国協議でも 孤立するでしょうし
東南アジア諸国からも いつまで 我(が)を張っているんだろうと
いやな目で見られるでしょうね

「拉致問題の解決とは」
1970~1980年にわたって拉致された
安否不明の拉致被害者が すべて生存しているとの前提に立ち

北朝鮮側に対し すべての被害者の安全確保 及び即時帰国
真相究明 並びに拉致実行犯の引渡しを強く要求する (日本政府)


いろんな方向から見てみよう (菜根譚)


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2007-05-13 16:46 | ニュース | Comments(0)

 カ ル ビ を焼く  2007年 5月 11日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


焼くのは カ ル ビ ?

c0070150_1494045.jpgc0070150_17223630.jpg
オトウサン
サッキから 黙って
お酒呑んでいるけど

どこか 具合が悪いの?



女将さん
あたしやぁ

機嫌が悪いんですょ!




悋気嫉妬も正直の心より起こる


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2007-05-11 14:07 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)

 赤 ワ イ ン  2007年 5月 8日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


赤  ワ  イ  ン
     c0070150_9565166.jpg
女将さん きょうは帯が 「赤」ですね 若返りますね
あら オトウサン おはようございます

大型連休も明けたし 今日から 男なら 「ふんどし」でしょうが
帯でも締めなおし 稼ごうと思ってね 「勝負色」の赤にしたのょ


ところで女将さん 女性と楽しくお話などをするには
どんなお膳立てをしたら いいんですかね


まずは お酒でしょうね
でも 向くお酒と そうでないものがあのよ

飲んでスカッとする 「ビール」は 大勢でわいわい騒ぐときにはいいけど
二人だけの ムードを高めるのには力不足ね トイレも近くなることだし

しっとりとした 「日本酒」は ある程度年齢のいった相手にはいいかもしれない
しかし日本酒は 好き嫌いがあるからねぇ

かといって アルコール度数の高い  「ウイスキー」では 酔いすぎてしまい
お話しにならなくなる 可能性があるわね

そう考えると 残るのは 「ワイン」 これがベストですね
しかも、心理的な効果を考えると 白でなく 「赤ワイン」がいい
赤という色には人を興奮させ 官能的な気分にさせる効果があるからよ


そうですね 意外と知られていないことですが
スペインの闘牛士が 赤い布を使うのは 牛を興奮させるためではなく
牛は色盲ですから 赤色の布だろうが緑色の布だろうが関係ないのですが
あの布に 赤が使われているのは じつは 観衆を興奮させるためなのだそうです

もっと身近な例で考えても 赤は情熱の色ともいうし
女性のなかにも ここぞというときには
「赤い勝負下着」を身につける人が多いそうよ

ワインも同じこと 淡白なイメージの白ワインではなく
赤ワインを飲む方が 話が明るく 楽しく 色っぽく 効果があるんじゃない

彼女を誘うには、「赤い」「お酒」
すなわち 「赤ワイン」の力を借りると いいんじゃないの

オトウサン 今度あたしを 赤ワインで誘ってみない
「赤いパンティー」はいていくから


女将さんは なんの勝負を するのかなぁ? 


火事の時 「赤い腰巻」を振ると風が変わる
「赤い腰巻」を屋根に掲げると 火事の延焼を防ぐことが出来る


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2007-05-08 09:51 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)

 利 害 得 失  2007年 5月 5日  

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


利  害  得  失
c0070150_1722882.gif
 
女将さん ひまかい
あらオトウサン 何処も行かなかったの

むかしは わたしも この一週間で 車に布団をのせ
駆け足の 日本めぐりを楽しんだものですが
歳とともに体力の消耗がはげしくて 最近は遠出をしなくなりましたね

楽しみと疲労の 「利害得失」を考えてみると
どうも 疲労のマイナスのほうが大きいことが
切実に わかってきたからでしょうか

オトウサン 本音は
疲労よりお 金のことが気になるんじゃぁないんですか

連休中は 行楽地の料金もハネ上がるし 混雑もひどいし
疲れと引きかえに 大金を使うなんて アホらしいと思っているんでしょ


図星ですね まして今じゃぁ 年中 連休ですから
業者の鼻をあかすように 連休中の高い料金を避けて
安くなったところで 出かけることにしています

一番の安上がりは家にいて ゴロ寝とテレビに 明けくれること なんですけど
女将さん ホントの話 身体をもてあましますね
どこかに いいママさん いませんかね


落語のセリフじゃあないけれど
「芸が達者で 器量よしで
酒を飲みたがらねえ 物を食いたがらねえ で 
こちとらにいくらか 小遣いをくれるような 芸者はいねえかねぇ」


「おまえさんの目の前に 居るじゃぁないかい」
「どこに?」

「おまえさんの眉の下に ピカピカッと光っているのはなんだい?」
「これは目です」

「目なら 見るためについているんでしょ
見てわからんような目なら くり抜いて あと銀紙でも貼っとけェ!」

おあとがよろしいようで

しかし 高校球児たちの 「野球特待生制度」
高野連のお偉いさんが 右往左往していますが
ピカピカッと光っているのは やはり 「銀紙」だったんですかね

人生は 先がわからないから すばらしい (菜根譚)


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2007-05-05 17:21 | 季節 | Comments(0)