<   2008年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 二月 立春大吉  2008年 1月 28日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


二月 立春大吉

2008.2月分ホームページ On-Air しました

こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 


c0070150_15491125.jpg


[PR]
by takiro2 | 2008-01-28 15:49 | 季節 | Comments(0)

 「船 場 吉 兆」   2008年 1月 25日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


「 船 場 吉 兆 」
c0070150_1321614.jpg
 
女将さん 「船場吉兆」の 女将がヤラレテいますね
でも シタタカ ですね


オトウサン あたしも水商売をやっているから 分かりますが
アアでなけりゃぁ 大きな 「のれん」は 守れませんよ

だいたい 「吉兆」は 一男四女が それぞれの店を持っているんでしょ
そして 四人の娘は みんな婿取りでしょ

あたしが シッカリしなきゃぁと 四人の娘の戦いは 始まっているんです

お婿さんも 怖くて うかつには 口は出せませんね 

船場の女将は この問題が起きてからは
毎日 「船場吉兆の灯を消したくないと
死んだ父に手を合わせています」
と いってるでしょッ

創業者一族が 経営陣に残ることへの批判に対しても
「事業の継続性を考えると
私の就任が 一番あんじょう(うまく)いくと考えた」

涙も流さず キツパリと いったでしょッ


記者会見で 応答に詰まった前取締役の長男に
横から小声で アドバイスする姿が ニュースなどで取り上げられていましたね


わたしが この 「船場吉兆」を 仕切っているんだ 守っているんだ
私以外には だれもいないんだッ! 
という 「烈女の血の叫び」と 私には聞こえるのょ

そして この日のメニューは ランチが 「3500円から3万2000円」 なの
オトウサン 勉強のために 連れてって


「船場まではいけないけど 船着場の大吉ラーメンでは ダメかい」
ダメ! ダメ! 絶対ダメ!


女の一念岩をも透す


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2008-01-25 13:18 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)

 水 仙 ま つ り  2008年 1月 22日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


水  仙  ま  つ  り
c0070150_11203995.jpg

女将さん 冷たいですね
足の下から 冷たさが上がってきますね


オトウサン ここは 下がタタキですから ホントに寒いんですよ
厚い 「ショーツ」でも はこうと思うんですが
商売をやっていると 容姿も大事ですから それもままならないんですよ


それはそれは ご愁傷様です 「補整下着」で頑張って下さい

先日の19日に 「水仙まつりの ハシゴ」 やってきました
「佐久間ダム」 「をくずれ」 「江月」と 回ってきました

もう出荷した後のためでしょうか
水仙もマダラで 背も短く 香りも少なく ダメでしたね

しかし 佐久間ダムの水仙は 手入れもよく 株数も増やしてあり
来年の 「水仙まつり」が 楽しみですね

「この近辺には 作物災害を防ぐため 所どころに
動物捕獲用の 「わな」が 仕掛けてあります 気をつけてください」

との 標識が立っています


それは 観光客が 畑に立ち入らないための 脅かしでしょ
あまり いい感じのものでは ありませんねぇ


昨年は パトロールと称して 中年のオバサンが
観光客があぜ道に入っていると 「フキノトウを 盗らないでください!」
大声で注意する まるで 「泥棒扱い」なんですよ

これが あまりにも評判が 悪かったので
今年は 「罠が仕掛けてある」 にしたんですかねぇ

どちらにしても あまり後味のいいもんじゃぁないわね

観光協会では 「水仙まつりを PR」していますが
地元の人は 「水仙まつりには 反対」のようですね


人を見たら泥棒と思え


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2008-01-22 11:07 | 観光 | Comments(0)

 シンキンクラブ  2008年 1月 20日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


シ ン キ ン ク ラ ブ
c0070150_19475288.gif

八っつぁん 熊さん 寒いですね みなさん元気ですか
ご隠居さん 今朝は 特段に寒かったですね

18日の午後から夜にかけて 元いた会社の OB会 がありましたが
もう 昔の勢いは ありませんね

ご他聞にもれず 座った席の 前三人 となり二人 話は病気のこと
心筋梗塞 脳梗塞 前立腺肥大 視野欠損 白内障 糖尿病 動悸 息切れ
それに関する薬の話 健康管理 等々で 話題は尽きませんでした

まだ 病気にかかっていない人は 話題に入れず 肩身が狭いくらいでした

宴会も1時間もすると 病気を気にして酒を飲まない人が 帰っていきます
それと 最近は 「奥さんの具合が悪い」と いって帰る人が 多くなりましたね
結果 四分の三の人は いなくなりました

残り四分の一の人が 隅で残ったお酒を飲んでいましたが
威勢の悪い 三本締めで 宴は終わり 二次会の予定は無いようでした

最後に 「心筋梗塞」を やった人で
「シンキンクラブ」を 結成しようというのが オチでした

皆さん 「無病息災」より 「多病息災」で 身体に気をつけ
寿命まで 頑張りましょうょ


ご隠居さんも 「シンキンクラブの会長」 になって ガンバッテクダサイね!

病上手に死下手
(時々軽い病気にかかるわりに 大病にかからないので 長生きすること)


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2008-01-20 19:44 | 衛生 医療 | Comments(0)

 成  人  式  2008年 1月 16日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


成  人  式
c0070150_20123911.jpg

女将さん アッ!というまに 「成人式」が 終わってしまいましたね
館山市では 「1月13日の日曜日」だったんですね


あらオトウサン 「成人の日は 14日の月曜日」 だったんでしょ
昔は 「1月15日」だったのにねぇ


そうなんですょ 女将さん 調べたら
「成人の日は 1月 第2月曜日」
(2000年から その年の1月8日から 14日までのうち 月曜日に該当する日)
に変更されたそうですよ

さらに 「成人式の 開催日」
市町村が 都合の良い日に 決めていいんだそうですよ

私の成人式は 「昭和27年」でしたね 成人の日の制度(1948)が始まってから
4回目だったんですねぇ

小学校の講堂に集まって 会議用の机を並べ
女子を含め みな平服で 参加しましたね
記念品は 黒いプラスティックの 「はんこ」 でした


私のときは もう今と同じで 着物でしたわ
そうだそうだ オトウサン 聞いてちょうだいょ

私は 振袖は 何度も着るものではないので 借り衣装にしようと思っていたの
そしたら 上の姉が お祝いに買ってくれる というので 

私は 姉に感謝し 山吹色の着物に 赤い帯の セットにすることにしたの
20万円 くらいだったかしら

姉は了承したんですが 今すぐには払えない ということだったので
私が 立て替えたのよ

その振袖は 私の成人式のときと 下の姉の結婚式に着ただけでした
姪が正月に一度着たので それを入れても3回だけでした

しかし その後 姉からは 着物代は届いていません
高い衣装代に なってしまいました という 誰かさんの お話

オトウサン 成人式の話が 愚痴っぽい話に なってゴメンナサイね
今夜は 昔を思い出して 賑やかにやりましょうょ


♪あなたのリードでぇ 島田もゆれるぅ 芸者ワルツは 思いでワルツ♪

金の無い男と頭の無い女


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2008-01-16 20:04 | 冠婚葬祭 | Comments(0)

 「侘 助 (わびすけ)」  2008年 1月 13日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


侘   助 (わびすけ)
c0070150_10355094.jpg

女将さん元気ですか おめでとう
オトウサンも元気ですか 今年もヨロシクお願いね

女将さん 今年もキレイですね
どこがキレイかといわれても 言葉に詰まりますが


いいのょ 無理しなくても
どうせあたしは ブス満開ですから


じつは 真野寺のお祭で買ってきた 「侘助(わびすけ)
3年たって やっと咲いたんですょ

ほかの椿の仲間と比べて 花が開ききらないのが特徴
つつましく、やさしい印象が 感じられる可憐な花なんです


それじゃぁ あたしと そっくり じゃぁないですか

「侘助」の名前の由来も
豊臣秀吉が 朝鮮を攻めた時 「侘助」という人が 持ち帰ったからとか
千利休の下男で 「侘助」という人が 育てていたからとか
茶の湯の心 「わびとさび」 からきたとか

でも 花が開ききらないうちに ポロリと落ちてしまうのには驚きました
ヒョットすると 女将さんも 開ききらないうちに……


オトウサン 正月だというのに 縁起でもない
あたしは 開ききって 色が黒ずんでも 枝にしがみついていますからね


いやいや女将さん そう開きなおらないでくださいよ
開ききらないで終わる 佗助が 充分美しいのと同じに
開ききって 終わる 女将さんも 美しいですょ


満は損を招く


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2008-01-13 10:34 | 趣味 | Comments(1)

 鏡  開  き  2008年 1月 11日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


鏡  開  き
c0070150_18205481.jpg

女将さん明日は 「鏡開き」ですね
女将さんの実家のほうでは 「餅つき」は どうするんですか


暮の29日を避けて 雪の晴れ間に お餅をつくのょ
三臼も 四臼も つくのよ
「のしもち」にしたり 「かきもち」にしたり 「鏡餅」にしたりするのよ
一家総出で 大賑わいなのよ


それは楽しい行事ですね いつまでも いつまでも 残しておきたいですね
我が家の方は お菓子屋さんに
「のしもち1枚」 「鏡餅3個」って たのむんですょ

いまは二人暮らしなので 一枚の 「のしもち」が 食べきれなくて
「カビ」が 生えてしまうありさまです

「鏡餅」も 鏡もちの形をしたパックを スーパーから買って来るんですょ
1月11日の鏡開きには 底のビニールをはがすと
お汁粉用に切った 小さなお餅が 中から出てくるんですよ

これからの子は 「鏡開き」っていうのは
鏡もちの容器の 底のふたを開けることが
鏡開きの行事と 思うんじゃあないですかね

やがては 「鏡開き」 「初夢」 「初荷」 「書初」 「七種」 「鬼門」
みな 「死語」になっちゃうんでしょうね  女将さん寂しいですね

寂しいどうしで 「姫はじめ」 ってぇのは どうでしょうか 女将さんょぉ


アラ! おあいにくさま
あたしゃぁ 「姫はじめ」は 二日の夜に 済ましてしまいましたょ


エェッ! コリァ~ 春から出遅れたか 残念無念 
この分じゃぁ 当分 「女日照り」が 続きますねぇ 


言葉には言霊が宿る


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2008-01-10 10:23 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)

 七 草 が ゆ  2008年 1月 7日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


七 草 が ゆ
c0070150_16145214.jpg

女将さん もう 「七草がゆ」 のときに なりましたね
七草を きざむときのかけごえ 「ストトン ストトン ストトン トン」 
の話をしてから もう一年が たつたんですね


そうねぇ オトウサン 早いものね
「せり なずな ごぎよう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ」
これぞ七草 でしょ


「そうですね 秋の七草は 見て楽しむもの
春の七草は 味わって楽しむもの なんですね」


オトウサン うちの実家は 新潟なんで
七草は その日の朝 冷たい雪の中から 摘んできたものを 使ったんですょ


そうですか それはご苦労な ことでしたね
しかし そんなに 「おいしいもんじゃぁ ありませんね」


そうねぇ オトウサン
むかしは お米のご飯なんか めったに食べられなかったから
たとえお粥でも お米が食べられるということで がんばったんでしょうね

オトウサン 「いまは七草が パック入」で 売っているんですょ
お粥だって 白米のおいしいのが スーパーにあるのよ
いまの嫁さんは 苦労しないわね

オトウサン 「七草がゆ」 つくったら 食べてみる?
「新春に食べると 長生きができる」と いうわょ


いやいや 結構です こうゆうモノは 「若い娘の方が縁起がいい」と  いいますし
お風呂でも 若い娘が入った後に入ると 「長生きする」と いいますから

 
チェッ! そんなに 若い子がいいんなら
幼稚園の先生にでもなって 可愛がってもらえばいいんだ


「七草なずな 唐土の鳥が 日本の土地へ 渡らぬ先に
ストトン ストトン ストトン トン」


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2008-01-07 16:13 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)

 「二年参り」 「三社詣」  2008年 1月 4日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


「二年参り」 「三社詣」
c0070150_1681711.jpg
(富岡八幡宮)
c0070150_1683141.jpg
(深川不動尊)
c0070150_1684182.jpg
(浅草寺)

八っつぁんも 熊さんも お変わりありませんか
まずは 「おめでとうございます」


ご隠居さんも お変わりなくて 「おめでとうございます」
ご隠居さんは お幾つになったんですか

恥ずかしながら 何も お国に尽くすこと無く
76歳になりました

せめて 神仏に 世界が平和でありますようにと お祈りしようと思い
「二年参り」 「三社詣」に 行ってきました

まず 除夜に一度 氏神様に参拝して 一旦家に帰り
元旦になって 再び参拝するという 「二年参り」を やってきました

今年は 風が強く いつもは 大規模な 焚き火で 
昨年のお守りや 破魔矢などを 焚き上げてもらうんですが
今年は 強風のため中止となり 趣も半減でしたね

また 境内では甘酒や 神酒が振るまわれ
飲むと 「厄除け」に なるとされているんですが
「飲酒運転の取締り」が 厳しいためか すずめの涙ほどでしたね

多くの神社仏閣に参詣すれば 色々なご利益があると思い
三日の日に 門前仲町の 「富岡八幡宮」に行って 「深川めし」
隣の 「深川不動」へ行って 「深川丼」
「浅草の観音様」へ行って 「神谷のデンキブラン」を呑んで帰ってきました

どちらも 大変なこみようで
深川不動さんは 賽銭投げられるところまで行くのに 2時間
浅草の観音様は 雷門から350m.なのに 3時間かかるとのことなので

遠くから拝んで 帰ってきました
「三社詣」とは 正月三が日の内に 複数の神社(多くは三社程度)に 参拝します

みなさんの ご多幸を祈るとこまで いきませんでした ごめんなさい


信心の家に悪魔来たらず


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2008-01-04 16:06 | 宗教 | Comments(1)

初 春 (はつはる)  2008年 1月 1日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


初 春 (はつはる)
c0070150_18554517.jpg

明けましておめでとうございます 
新しい年の始まりです。


新年を迎えることができた喜びを分かち合い、神に感謝したい…。
そんな思いから、正月を迎える準備にも力が入り、
やがていろいろなしきたりが生まれていったのでしょう。

旧暦では一月から春が始まります。
外は、まだまだ寒くて、春にはほど遠い気候ですが、
新しい年を迎える心の華やぎは、 「初春」 という言葉にふさわしいですね。 
            
一月の異称といえば、 「睦月(むつき)」 です。     
これは、 「睦(むつ)び親しむ月」 という意味だそうです。

一年の始まりを、家族仲よく、笑顔で過ごすことができれば、
この一年も、きっとすばらしい年になることでしょう。


「美人の日本語」より

皆さんも 上品な言葉を使って 美人になりませう

こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2008-01-01 18:54 | 季節 | Comments(1)