<   2008年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

  八月 残る暑さ  2008年 7月 28日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


八月 残る暑さ

2008.8月分ホームページ On-Air しました

こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 


c0070150_14165364.jpg

[PR]
by takiro2 | 2008-07-28 14:17 | 観光 | Comments(0)

 我が家の暑さ対策!!  2008年 7月 24日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


我が家の暑さ対策!!
c0070150_14352136.jpg

女将さん 暑さをしのぐ方法を調べてみましたが スゴイ女性がいましたね

「冷蔵庫にパンツを入れておいて 冷えたころあいをみて穿く
冷たくてたまらない」
 そうですよ
 
あたしもやって見ようかしら お絞りと一緒に入れておいて

そのほか いろいろ集めてみました

フローリングには ござを敷いています

たらいに水張って 足つけてたりします。あとは、氷枕とか、
扇風機のまえに 氷置くと更に冷たく感じます。

暑さしのぐのは首を冷やします 保冷剤とか ひえピタで……

アイスノンとかを 脇や足の間に挟んで、体温を下げてます^^

飼い猫のあとをつける。猫は涼しいところをしってるから。

アイスあとは、冷たいさっぱりした飲み物と うちわ

私は部屋に西日が強いので すだれを買いました去年と違って全然涼しい

暑さ対策…足の裏とふくらはぎにシップ貼ったり。

夏といえば、やはり打ち水でしょうかのう。
雨水をためておけば、水道代もかかりませんしの。
ちなみに、蚊避け対策に、わざとバケツに水を張ったまま放置して、
そこに卵を産んだ頃合を見計らって、それを打ち水に使うという人もおるようですじゃ。
あとは半裸ないし、全裸での生活でしょうかのう。
奇声をあげたり、そのままご近所を徘徊すると、
警察を呼ばれたり、区役所に相談が寄せられたりする可能性もありまするが…

暑さを凌ぐ方法は…洗面器に水を張って(氷入りだとなお良い)
コップ等を洗面器の真ん中に置いて タオルを水に浸かるようにコップにかぶせ
そこに扇風機の風があたるようにすると 涼しくなるそうです。

電気消してますね。肌水って知ってますか?
それを顔にシュって吹いて扇風機あてると涼しい~!
お風呂ならクールバスクリンとか!

うちでは断然、かき氷とウチワですね!! スダレとか窓につけてます
首の後ろにタオル等で包んだ保冷剤を巻いたりするのもおススメです
そしたら後は家の回りに打ち水とか? 庭の花木にお水あげると結構気温下がります
あーあとはもうひたすら氷食べてください 製氷皿に作った氷をガリガリと!

・凍らせて持ち運べるアクエリアスとかをタオルにくるんで、
首とか冷やしつつ、飲む ・動かずにひたすら静止

私はベランダの戸を開けっ放しなどにしています。
あと、タンクトップとかで少しでも涼しい格好をして寝ていたりします。
ちなみにエアコンも扇風機も使っていません。うちわも。
あと、レースカーテンでしたっけ?それだけでもいいと思いますが、
それだけでは日が入って暑いので、半分ぐらいは普通のカーテンを使っておいたほうが、
日陰になるので、涼しい気がします。

あたしの家では好きなシロップを買ってかき氷を食べてます!
氷によってフワフワだったり シロップ+バニラアイスだったり
意外と奥が深いし 見た目涼しいですよ

寝苦しいときは 冷やすタイプの アイマスクがおすすめです

ペットボトルに水を入れて凍らせる。1日3本くらい使いますけど
水道水でも大丈夫だし 繰り返し使えるから エコにもなっています

カーテンを閉めて日差しをさける(=温度下げる)のよりも
スダレをかけた方が 温度が下がるようです。

裸。
あと 凍らせたペットボトルのお水やお茶を 窓辺の上に乗せてます。
もちろんペットボトルの下にはタオルを敷いてます!
氷の冷気が風と一緒に来ると気持ち良いのです
しかも溶けたら飲めるというエコ!!

氷食べる!!か水風呂に入る!!うちエアコンは使いません!!
・庭先か玄関に打ち水をかける・観葉植物を部屋に置く・すだれをかける・
雰囲気だけでも夏っぽい涼しいカンジにする
(ex.風鈴をかける、スイカを食べる、甚平を着てみる、扇子で扇ぐなど…)

夏まっさかりになると濡れタオルを冷凍しておきます。
外から帰ってきて首に巻いたり腹にのせたりすると すっごく気持ちいいです。
冷凍するときにちゃんと ぎゅっと絞らないと
タオルカッチカチになって 凶器になるので注意してください。


暑さ寒さも彼岸まで


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2008-07-24 14:30 | 季節 | Comments(0)

  暑中見舞い  2008年 7月 22日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


暑中見舞い申し上げます
c0070150_21554392.jpg

女将さん 今日は 「大暑」 なんですってね
「いうまいと おもえどきょうの あつさかな」 (夏の一茶)

オトウサン 暑いわネェ
「風鈴の それきり鳴らず 句も成らず」 


女将さん いやな世の中が続きますね
男中学生が バスジャック
女中学生が 父親刺殺

教員採用に 点数加算
校長・教頭昇進に 商品券

今日はブログやめて 黙って冷酒を呑みましょうよ
「冷酒をあおり ようやく笑ひけり」 


女将さん お通しの 「山菜の天婦羅」は 美味しいですね
「冷酒の 咽に熱し 二人酒」
われながら傑作ですね


酒の燗は人肌


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2008-07-22 20:54 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)

  蛙の子は蛙  2008年 7月 18日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


蛙の子は蛙
c0070150_1238503.jpg

暑いですね 女将さん元気ですか
ハイ オトウサン 「青息吐息」で 生きていますよ

この暑い中 「教員採用汚職」は 蒸し暑い話題ですね
オトウサン こういう事は民間ではどうなんですか

市会議員から国会議員まで いろいろコネをつかって受験する人は多いですね
コネは 効くんですか

無いよりは 有ったほうが いいんでしょうね

でも今度の場合は かなりのお金が 動いていますからね

それが常習化され 半数近い受験者の点数が 合格点に変更され
その反対に 合格点から減らされ 不合格になった人がいるということは…

オトウサン 採用され教壇に10年も立っていた先生が
今度の事件にかかわっていたという事で 教員取り消しになったら
何も知らなかった その先生 可愛そうですね


火の国 九州の人は やることが極端ですね

でもオトウサン 「教員の子が 教員になっていることは多い」 ですね
女将さん それは なんかの偶然なんでしょ


蛙は口から呑まるる
(蛙は鳴くために蛇に呑まれる だまっていれはよいのに
無用のことを言って わざわいを招くことのたとえ)



楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2008-07-18 12:43 | ニュース | Comments(0)

  揉んで 揉んで  2008年 7月 15日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


揉んで 揉んで
c0070150_2034440.jpg

女将さん 相変わらず暑いですね
オトウサン 暑いわネェ

お店に出る前に シャワーを浴びてから来るんですが
もう汗臭いのよ


今日の 「房日新聞」の コラム欄に
房州の地ダコは 群を抜いてうまい 小ぶりなそれを塩でじっくり揉(も)む
「揉めば 揉むほど 味がいい」と言って
バケツに放り込んで塩を振り タコを揉んでいた 「塩もみ」と言う行為が
あの軟体動物に 隠れた味をつけていたのだ

とありましたね

オトウサンそうなのよ シャワーを浴びても
念入りに身体の隅々まで コスったり揉んだりすると 肌の色まで違ってくるのよ


女将さん 男だって先輩・上司に 揉まれて 始めて一人前になるんですよ
ところで女将さん 揉み方にコツがあるんですかね

そうよオトウサン お相撲さんみたいに いっちょ揉んでやるかといって
死ぬほど 揉んじゃぁダメなのよ

タコと同じように 足から始めるのね
タコは足が八本あるから大変ですけど 人間は二本だから楽なもんよ
特にタコの場合 足の付け根には 鋭いくちばしがありますからキオツケテネ

オトウサンの足を 揉んであげようか
特に付け根にある 「軟体動物」を 塩つけてよく揉めば
タコと同じように 隠れた味が 出るんじゃないかしら


蛸に骨なし海月に目なし


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2008-07-15 20:32 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)

  暇ですネェ  2008年 7月 13日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


暇ですねぇー
c0070150_9245080.jpg

女将さん暇ですね
オトウサン暇ですよぉ

こう暑いとお客さんも来ないのよ お酒呑むと暑くなるでしょ それで来ないのよ
冷房利かすと寒いでしょ お酒を呑んでも酔わないでしょ それで来ないのよ


私も暇なら 一生懸命ブログを 書けばいいんですが
暑くて ブログのネタも 見当たらないんですよ

いつも 新聞のコラムを書いている人は大変だなあー と思っているんです
女将さん こういう時にお客さんがきたらどうするの

お客さんの 好きな歌を書いた手帳があるから
その中から拾って 次から次へと カラオケかけちゃうの

一曲350円でしょ お客さん知らないうちに 勘定についているのょ
オトウサンも 「あの娘が泣いてる波止場」 かけてやろうか 500円だよ


いやいや ご免こうむりましょう 
とはいうものの こう暑くちゃ 何処で何をしたらいいのかわかりませんね

昔は映画館へいく手がありましたが 今はありませんし
夜の海岸 一人でいれば 怪しまれるし

商売の邪魔はしませんから もう少しここにおいて下さい
「あたしが泣いてる酒場」ってえのがあったら 唄いますよ


小人の腹満ち易し


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2008-07-14 09:17 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)

  七 夕 説 話  2008年 7月 7日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


七 夕 説 話
c0070150_17525224.jpg
七夕馬 (安房郡 鋸南町 上佐久間)

一般的な七夕のお話
昔、天の川の西に「織女(しょくじょ)」が住んでおりました。
彼女が毎日忙しく1日中織物をしているのを見た天帝は、
対岸に住む牛飼いの「牽牛(けんぎゅう)」と結婚させ
天の川の東で暮らさせることにしました。

ところが、この二人は一緒になると話をしてばかりで一向に仕事をしなくなりました。
怒った天帝は 織女を天の川の西に連れ帰りました。

すると織女は毎日泣いてばかりです。気の毒に思った天帝は、
1年に1度7月7日だけ、織女が天の川を渡って二人が逢うことを許したと言う事です。

中部地方
■上伊那郡小野村
むかしむかし一人のお爺さんがおりました。
ある日、天人が数人降りてきて水浴して遊んでおりました。

お爺さんはその天人の羽衣を1つ隠して、困っている天人を家に連れて帰り、
その天人と楽しく暮らしておりました。

そんなある日のこと、お爺さんは天人とだいぶ仲が良くなったので、
どこに羽衣を隠してあるかを話してしまいました。

すると天人は早速羽衣を探し出してお爺さんにこう言いました。
「もし私に逢いたいと思ったら、
馬屋の肥料を沢山積んだ上に青竹を立てて昇ってきなさい」と言い終わると、
さっと羽衣を身につけて天に帰ってしまいました。

お爺さんは、さっそく天人の言う通りにして天人に逢うことができました。
お爺さんは 天の畑で瓜の収穫の手伝いをしていました。

天人は決して瓜を食べてはいけないと言いましたが、
お爺さんは二つ食べてしまいました。

ところが突然その瓜から大水が出てたちまち川になってしまいました。
その川でお爺さんと天人は別れ別れになってしまいました。

天帝が これからは月に1度逢うことにしようと言ったのを、
アマノジャクがわきから出てきて、「1年に1度だぞ」と言ったので、
今でもこの日「7月7日」にしか逢えないと言います。

九州地方
■鹿児島県喜界島での話
1人の若い牛飼いがいました。
姉妹のアムリガー(天降子あむりこ)が天から降りて、
泉の傍らの木に「飛羽(とびはね)」を掛けて、
水浴をしているところを見つけて、その飛羽の1つを隠したのです。

姉は驚いて飛んで天に帰りましたが、妹は牛飼いが飛羽をかえしてくれないので、
困ってとうとうその牛飼いの嫁になりました。

数年後二人は、天とうへ親見参(おやけんざん)に行くことになりました。
以前の飛羽をつけ夫を抱えて飛びながら
「私といつまでも一緒にいたいなら親たちが縦に切れと言うのを横に切りなさい」
と約束させました。

天とうではキュウリの季節で、二人にキュウリを取ってきて出したのです。
牛飼いが包丁を持っているときに、不意に親が縦に切れと言ったので、
うっかりキュウリを縦に切ってしまいました。

すると二人の間に川が出来て、天女と牛飼は両岸に分かれてしまいました。
その日が7月7日で、その日以来二人は1年に一度、
この日ではなくては逢えなくなってしまいました


女将さん 七夕の話は面白いですね
日本やアジアの諸国では 水遊びをしている天女の着物を隠すのは共通なんですね

ただ日本では キュウリや瓜から水が出て 天の川になるのですが
アジアの各地の話では 泣いた涙が 天の川になるんですよ

そうすると このカウンターが 天の川になって
オトウサンと会うのを邪魔しているわけですね


イヤイヤ 三途の川だという人もいますよ


三途の川も金次第


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2008-07-07 17:51 | 季節 | Comments(0)

  世界の七夕特集  2008年 7月 6日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


七 夕 特 集
c0070150_18175582.jpg

世界の七夕特集 (all aboutから一部転載)

「七夕」を祝う習慣があるのは、
日本のほかに中国・台湾・韓国・北朝鮮・ベトナムといわれています。

旧暦の7月7日は「中華版バレンタインデー」などとも呼ばれ、
恋人に花束を贈る習慣があったり、また各地で様々なイベントが催されています。

台湾でも七夕は「七夕情人節」と言い、
恋人たちがお互いに贈り物を贈り合ったり、結婚式を挙げたりする日。

韓国においても七夕(チルソク)は伝統的に恋人達の日とされており、
古くは永遠に変わらない愛を約束するためにイチョウの木の種を贈り合ったのだとか

また、面白いのは七夕の日に雨が降ったときの日本と韓国の解釈の違いです。
日本では「雨が降ると牽牛と織女は会えない」と考えますが、

韓国では「七夕の日の雨は牽牛と織女の再開の喜びの涙」と解釈し、
雨でも2人は会えるとしています。

またその翌日も雨が降れば、今度は「別れを惜しむ雨」だと考えるのだとか。
悲劇のヒロインが好きな日本人と比べ、韓国人のほうが情熱的なのかもしれませんね。

ベトナムでは、七夕伝説も少し違った形で伝わっており、
天の川にかかる橋を作る鳥が、韓国ではカササギとされているのに対し、
ベトナムではカラスになっているのだとか。

今年の七夕はぜひ海外を見習って、
七夕を二人の愛を盛り上げる日として活用してはいかがでしょうか?


女将さん 笹の短冊にいろいろなものが書いてありますね
何が書いてあるんですか

原油の値上げに伴って 7月7日から値上げするメニューよ 待ったなしですからね
エエェ~ お新香やピーナッツも 関係あるのかナァ


俺も 年に一回 来ることにしようかなぁ~


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2008-07-06 21:44 | 季節 | Comments(0)

  半 夏 生  2008年 7月 3日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


半 夏 生  半 化 粧
c0070150_16272254.jpg

女将さん しばらくででした
どうも 月末から月初めにかけては 野暮用が多くて来られないんですよ

おやオトウサン しばらく とんと音沙汰がないので
いいお店でも 見つかったんじゃぁないのかなぁと 思っていました


ところで女将さん 7が1日は 「半夏正(はんげしょう)でしたね
「半夏生」の いわれ知っていますか

夏になって 暑くなるので お化粧に手を抜くからじゃあないの
それで 「半化粧」って 面白いでしょ


それは女将さんのことでしょ
半夏生のあと 半夏(はんげ)の期間は 5日間あって
この半夏の天候によって 豊作になるか凶作になるかを 占ったりしました

オトウサン 「半夏生」という草がありますが それとの関係はあるんですか
女将さん よく聞いてくれました

この時期に 「半夏生」という薬草が生えることから 名がつけられたんですょ
先に薬草があって 後から季節の 「半夏生」の名が 決まったんですね

植物の半夏生は 別名「片白草」(かたしろぐさ)といって
半夏生の季節に 葉の半分ほどが 白くなるので 「半化粧」とも言うそうです

女房が 朝から 今日はタコを食べるんだ と騒いでいましたが
稲の苗が たこの足のように 大地にしっかりと根付くようにとの願いから
タコを食べる習慣があるそうですよ


ところが 晩のおかずに出たのは イカの足でした
どうしてか聞いてみたら タコは海で死んだ人を食べるから 嫌いなんだそうです

ところで女将さん 今宵は 「半夏生」というより 「厚化粧」ですね
年には勝てませんね


針の穴通らぬ日なる半夏生 (お局)


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2008-07-03 16:26 | 季節 | Comments(0)

 愛逢月(めであいづき)  2008年 7月 1日

文字サイズは「大」で  画面は「最大化」で  ご覧ください


愛 に 逢 う 月
c0070150_1032490.jpg

七夕月(たなばたづき) 七夜月(ななよづき または、たなやづき)
そして、この愛逢月(めであいづき) どれも 七夕にちなんだ七月の異称です

  
文月(ふみづき)の語源も諸説ありますが
一説には 短冊に歌や字を書いた七夕の行事から
文披月(ふみひろげづき または、ふみひらきづき)
それが転じて文月となったと言われています

七月といえば、七夕だったのですね
                  
また この月に咲く花の名前から 蘭月(らんげつ) 女郎花月(おみなえしづき)……                      
稲穂のふくらみを見る月でもあったので 穂見月(ほみづき)

そして 旧暦では秋の始まりの月だったことから 秋初月(あきはつづき) 

現代版 愛逢月はこれからが夏本番。
ロマンティックな出逢いを予感させるこの言葉……

さあ どんな愛に逢えるでしょう


「美人の日本語」より

皆さんも 上品な言葉を使って 美人になりませう

こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2008-07-01 21:22 | Comments(0)