<   2008年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

  一月 年の初め  2008年 12月 28日



一月 年の初め
2009.01月分ホームページ 
少し早いですが On-Air しました


こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 


c0070150_20393897.jpg


[PR]
by takiro2 | 2008-12-28 20:34 | 季節 | Comments(0)

  赤い下着  2008年 12月 25日



赤 い 下 着
c0070150_21301075.jpg

女将さん 昨夜の 「クリスマスイブ」は どうでした
オトウサン 散々でした!

パーテーがあるわけじゃなし 忘年会があるわけじゃなし
一人二人常連さんが来ただけでした


女将さん どこもそうでしたよ 賑わっていたのは 「焼き鳥屋」 だけでした
景気が悪いんですかネェ

イヤ イヤ 世間が騒ぐほど 景気が悪いわけではないですよ
ただ クリスマスイブの 認識が薄くなったんでしょうね

若い人は 「キリスト誕生日」ということを知らない 
キリスト教の 「お祭り」だということを知らない

「後期高齢者」は 昔を懐かしむだけで 行動に出る元気がない
みんな ただ 「普通の日」なんですね

ところで女将さん 今日の 「下着の色」は ナンデスカ
藪から棒に何を聞くんですか?  中年の落ち着きで 「茶」ですよ

女性がクリスマスの日に 「赤い下着」を着けると幸せになるそうですよ
サンタさんも 赤いの着ているでしょ
それじゃぁ 急いで穿き替えてこようかしら

今からで間に合うかなぁ もう齢だからなぁ
「グンゼの白」で いいんじゃないですか!


白無垢鉄火
(うわべは上品でおとなしそうに見えて その実は不良で悪らつなのをいう)


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2008-12-25 11:06 | 宗教 | Comments(0)

  イルミネーション  2008年 12月 23日



イルミネーション
c0070150_16271051.jpg

女将さん クリスマスが近づくと 世間様は一段とせわしくなってきますね
オトウサン その割りには お客さん来ないのよ

最近は 飲み屋の女将さんに 魅力がなくなりましたからね
気の利いた話が出来るわけでもなく 美味いお通しが出るでもなく

お客が機嫌とってやって 酒呑ませてやって 一曲500円で 唄歌わされて
これなら 近所の家の 「クリスマスのイルミネーション」 でもみながら

六本木で飲んでいるような 錯覚をしながら
鼻歌演歌でもやっていたほうが 気が利いていますね

ところで 「イルミネーション」は やりだすと癖になるらしいですね
どこでも年ごとに はでになっていくようですね

このようなものは 
もっぱらよその家のを 見るだけにしといたほうが気楽でいいですね

女将さん もう一本お酒 つけてくれますかねぇ

よその 気の利いた女将さんのところで 呑んだらどうですか
どうせ うちのお通しは 美味くありませんから


口は禍の門


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2008-12-23 16:25 | 趣味 | Comments(0)

  冬至 に ゆず湯  2008年 12月 22日



冬至 に ゆず湯
c0070150_16131334.jpg

女将さん 昨日21日は 「冬至」でしたね 「ゆず湯」に入りましたか
なかなか忙しいから そこまではいかないでしょ

オトウサン 申し訳ありませんが
20日の晩お店終わって 家でお風呂に入っていたら
夜中 日付が変わって 21日になったんで 用意してあった柚子入れて
一足お先に ゆず湯を堪能しました 「冬至のゆず湯一番乗り」 でした

わたしは 「冬至はゆず湯だし 端午の節句には菖蒲湯」 なのよ
季節感を生活にちょぴっと取り入れるのって 素敵じゃないですか


女将さん嬉しいねぇ せっかく昔の人が考えてくれた 素敵なことなんだから
どんどん取り入れて 楽しもうではありませんか

この日は 「ゆず湯に入って カボチャをつまみに 冷酒を飲む」 という
風習を聞いたことありませんか あったらいいですね 残しておきたいですネェ

ゆず湯に入ると 1年間 無病息災で過ごせるといわれていますね
ひょっとして 「鳥インフレンザ」に 有効かも知れませんよ

オトウサン ビール一杯いただける 冬至は 夜と昼の長さが変わるのね
なんだか 体がムズムズするわ 「春が来たのかしら」


女将さん それはまだ早いでしょ まず除夜の鐘を聞いてからですね
女将さん さっきから ずいぶんビールを飲みますね 「あたしのビールですよ!」


酒は百毒の長


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2008-12-22 16:12 | 季節 | Comments(0)

  冬至に カボチャ  2008年 12月 20日



冬至 に カボチャ
c0070150_14572473.jpg

女将さん 今晩は 忙しいですか?
ゼンゼンだめですね 客足は遅いし 来ても二三人でしょ

でも、なんだかんだといいながら 時間は過ぎていきますね 
ほんとうに 先生でなくても 「師走」は 気ぜわしいですね


そんなときには、ちょっと心を落ち着かせて お茶でも飲んで
さて 何からはじめましょうかと 一息入れるのもいいですね

ところで明日は 「冬至」 ですね 「冬至 冬なか 冬はじめ」 といって
寒さも これから厳しくなってくるのでしょうね

オトウサン 「冬至」は 夜が一番長いんでしょ
ということは これからは 夜がだんだん 短くなるんでしょ
夜のお勤めは すばやくやらないと すぐ朝になっちゃいますね


女将さん なに云ってんですか もう年なんですから
とばくちで チョイ チョイで済まさないと 身体に障りますよ

わたしは 夜の明ける前には 起きないようにしています
今は 6時30分では まだ日は出ていませんが

これからはダンダンと 夜明けが早くなりますね
つらく なりますネェ

オトウサン お互いに 「カボチャを食べて」 頑張りましょうね
お客もいないことだし 気分も乗ってきたから
チョトダケ とばくちで してみるかい!


お尻出すの寒いから 熱燗いただいたら帰るわ


年寄りの冷や水


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2008-12-20 14:44 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)

  討ち入りそば  2008年 12月 14日



「討ち入りそば」
c0070150_21541891.jpg

女将さん コンバン ワ!
オトウサン 今日は機嫌が悪そうですね どうしたの?

今夜は 蕎麦だと 女房に言っておいたのに
夕飯は 秋刀魚の焼いたのでした

女房のヤツ 痴呆症がはじまったのかな 私も忘れていましたが 
赤穂義士をしのぶという気分には ならなかったのかなぁ 

討ち入りの夜 義士たちは三々五々 そば屋に集り
蕎麦を食べて 討ち入りに出陣した

時代は300年は過ぎていますが
「討ち入り蕎麦」を食べて 赤穂義士をしのんだって いいじゃないですか

オトウサン 「秋刀魚の一匹焼き」じゃぁ 刀にもならないってことでしょ
来年は間違えて 「討ち入りラーメン」かも しれませんよ


一堂に会しそばをすすり いざ出陣」という粋な姿が
いつの時代の人の心にも グッとくるからこそ 「討ち入りそば」なんでしょうね

オトウサン あと10日もすると 今度は赤い服着たサンタロースの討ち入りですよ
今度は イチゴの乗った 「ショートケーキ」ですよ

「プレゼント」も 忘れずにね 待ってるわ

それじゃぁ 話が違うでしょ


禍は口から


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2008-12-14 21:51 | 食べ物・飲み物 | Comments(0)

  最後の満月  2008年 12月 14日



昨  夜  の  月
c0070150_20251775.jpg

今晩は 女将さんいるかい
ここに 一人いますよ

昨夜の月 見ましたか
見ました見ました お月様がこんなにきれいだったとは 知りませんでした

そういえば 最近空を見上げていなかったなぁ~と 
お店の帰り道に 空を見てビックリ!!
作り物のような 見事に真ん丸なお月様が 出ているではありませんか


そうでしょ 昨夜の月が あまりにも綺麗だったので 調べてみたら
昨夜13日の月が 「今年最後の満月」 なのだそうです

「今年のなかで 地球に一番近づく月」 なので
今年最大の 「満月」 なのだそうですよ

昨夜 3時に小便に起きたら 昼間にように明るかったですね
きれいに見えるものを きれいに見えるという 自分の感覚に感動する気持ちを
いつまでも なくさないようにと 思った一時でした

女将さんの瞳は 冬の星空と同様 吸い込まれそうなくらい綺麗ですよね
何かあたたかいものを 飲みながら眺めていたいですね

「月見酒」とか 「一夜酒」とか 粋な名前の呑み方がありますが
女将さんの 「心酒」というのはどうでしょうか

オトウサン その手には乗りませんよ
でも 「今年最後の満月」に 乾杯の意味を兼ねて

口移しに 飲ませてあげるわ 「思い移しの酒」 とでも言うのかしら

女将さん嬉しいね 毎日満月だといいですね 僕は幸せだなぁ~

アラ電話だわ この続きは また後日にしましょうネ


せいてはことを仕損じる


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2008-12-13 20:23 | 季節 | Comments(0)

  喪中のはがき  2008年 12月 9日



喪 中 の は が き
c0070150_11365015.jpg

女将さん 元気してますか
オトウサンも 元気ですか

最近は ず~とご無沙汰ですね

やはり年の暮れですかネェ なんだかんだと忙しいですね

オトウサン 今何してるッ
年賀状の準備を始めました

今年も 「喪中のはがき」が 多いですね
年寄りが 静に死んでいきますね

同級生が死にました
前の晩深酒して 翌朝風呂で絶命 検死の結果は 「心臓麻痺」

筋向いの 一人暮らしのおじいさんが 死にました 「孤独死」でした
年は90歳を越していました 死んだのは12月7日 布団のなかでした

発見されたのは12月10日でした 告別式は12月12日です
館山市商店街 銀座通りの 出来事です

オトウサンも気をつけてょ お酒2本までですょ 3本呑んだらお風呂はダメよ
今日 戻り鰹のいいのがはいったのよ 一本つけるわね

今晩は久しぶりだし 肴もいいことだし ゆっくりしていくかい

女将さん 酒もホドホドにしないとなぁ

あらオトウサン うちではいいのょ 3本でも5本でも
その代わり 勘定は現金でネ 命は大切にネ


酒は古酒 女は年増


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2008-12-09 11:35 | 冠婚葬祭 | Comments(0)

  年 満 月 (としみつづき) 2008年 12月 1日



満 ち て い く こ の 一 年
c0070150_10525522.jpg

みなさんご存じのように、十二月になると、師(お坊さん)も走り回るから
「師走(しわす)」。
でも、これは、江戸時代以降にこじつけられた俗説のようです。

「師走」という漢字は当て字で、万葉の時代から、
「十二月」と書いて 「しはす」と読ませていたそうです。

その語源にはさまざまな説があって、「し」の方は、仕事、為(な)すこと、年、四季など。
「はす」の方は、ほとんど「果つる」と解釈しているようです。

走るにしても、果つるにしても、あわただしいことに変わりはありません。

十二月の異称の中に 「年満月(としみつづき)というのがあります。
年が終わるのではなく、
さまざまな思いであなたの一年が満ちていくと思ってみてはいかがでしょう。

どうか、一年の締めくくりの月を、満ち足りた思いで過ごせますように。

「美人の日本語」より

皆さんも 上品な言葉を使って 美人になりませう

こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2008-12-02 09:55 | 季節 | Comments(0)

  十二月 年の瀬  2008年 12月 1日



十二月 年の瀬

2008.12月分ホームページ On-Air しました

こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 


c0070150_2238217.jpg


[PR]
by takiro2 | 2008-12-01 22:38 | 季節 | Comments(0)