<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

女の手・男の手 3  2009年 11月 29日



女の手・男の手 3
c0070150_19592378.jpg

オトウサン先日 「外に出たらポケットから手を出して
元気に歩きましょう!」の 話をしましたね

オトウサン 男性は 女のことについて 誤解をしている人が
多いなぁって 思うことがあるのよ

今夜は 女の気持ちをいろいろ 教えてあげますからね!
それは 女性の 「手」 についてですけど

問題 私がAさんと歩く時は 手をつないで歩きます
Bさんと歩く時は 腕を組んで歩きます

AさんとBさん 私との関係が親密なのは どちらと思いますか?

それは 「Bさん」 でしょぅ
おそらく 多くの男性は そう思うでしょうネェ

「腕を組んで歩いているBさんの方が親密で 深い関係 熱い関係である」
って思うんでしょうねぇ

でも 女性の多くは 「Aさんだよね」って 答えると思いますよ
わたしも Aさんが正解だとおもうわ

男性って 手をつないでいるよりも 腕を組んで歩いている方が
親密な関係、ラブラブな関係って 思い違いしている人が多いですよね

女性にとって、手や指って 結構 「神聖なもの!」って 考えているのよ
多くの女性が、「手は キレイにしておくべきもの」って 思っています


女将さん 今夜の話はいつもと違って 女の想いがこもっていますね
オトウサン なんだか眼が光ってきましたよ 

心臓によくないから この続きはまたあとにして
今晩はゆっくり この手で お酌してあげるわ


酒は燗 肴は刺身 酌はたぼ


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2009-11-29 19:54 | 教養・研修 | Comments(0)

十二月 年の暮  2009年 12月 1日



十二月 年の暮

2009.12月分ホームページ On-Air しました

こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 


c0070150_10434535.jpg

[PR]
by takiro2 | 2009-11-28 10:41 | 季節 | Comments(0)

  女の手・ 男の手 2  2009年 11月 18日



女の手・男の手 2
c0070150_1615166.jpg

オトウサン この間の「手の話」 続きをやってもいい?
女将さんは 興奮してくると 何を云うか分からないので 心配ですが

ダイジョブよ 脱線しないから
前回は 男がポケットに手を入れて気取っていても

「ちっとも カッコウいい とは思わない」 の話でしたね
でも この場合は まだ救いがあると思うのよ

だけど実際に 女性と男性が おデートしていて
男性が ポケットに手を入れて 歩いている

そして 女の子が男性の腕をつかんでいる っていう光景を良く見ますが
これって 最悪じゃない

女性にとっては寂しいですよね せっかくデートをしているのに
男性が ポケットに手を入れて 歩かれると

女性としては 
「オレは、おまえには興味ねぇんだよ!
仲良くしよう!とか 親密になろう!とか 思ってないから
ポケットに 手を隠しながら 歩いてるんだよ!」
って言っているようで 寂しいわ

オトウサン これから寒い冬がきますね!
寒い日は ポケットに手を入れて 歩く機会も増えると思いますが

彼女と歩く時だけは 特にあたしと歩く時は
手を出して、元気に歩いてね オネガイします

オトウサン気をつけてね あたしホンキよ


昭和は遠くなりにけり


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2009-11-18 16:11 | 教養・研修 | Comments(0)

  女の手・男の手  2009年 11月 17日



女の手・男の手 
c0070150_19501778.jpg

オトウサン いつもオトウサン主体で 話が進んでいますが
今晩は あたし中心で 話を進めて頂戴ね

女性って 相手の「手」に対して とても敏感なのよ
オトウサンが 散歩する時 仲間で飲み会に出掛けたりするとき

よく ポケットに両手を入れて 歩くでしょ?
なぜ手を入れて歩くのかな? って思うのよ

カッコいいって思って やっているんだと思うのだけど
どこがカッコいいの?

ポケットに 手を入れて 歩いている男性を見ると
「オレは、俺一人で生きていくんだ 女なんかに用はないよ!」って
言っているように感じるの

実際は、ただ「かっこつけてる」って いうだけの
浅はかで 無意味で 幼稚な考えでの 行動だと思いますよ
間違っても 女性は「カッコいい」とは思いませんので

カッコいいかも?と思って ポケットに手を入れている オトウサン
考えを改めたほうがいいわよ

ポケットに 手を入れて 歩いている男性って
見た感じ「ダサイ!」 「中身がなんにも無さそう」 「根性も勇気も無さそう」
「不良がカッコいい!」と思っている 幼稚な人に 多いような気がするの


女将さん 話が熱を帯びてきましたね この次もオネガイしますね
まだまだ オトウサン こんなもんじゃぁ 終わりませんょ

だけど 石原裕次郎は ポケットに手を入れて カッコウよかったなぁー


昭和は遠くなりにけり


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2009-11-17 19:48 | 教養・研修 | Comments(1)

  てんやわんや  2009年 11月 15日



て ん や わ ん や

c0070150_2222686.jpgc0070150_2225737.jpg











女将さん今晩は 元気ですか 今宵はすこし派手にやりましょうか
オトウサン ずいぶんご機嫌ね

女将さん 先月末からずっと続いた いろいろな仕事が ヤッと一段落したんですょ
ココにも ずいぶんご無沙汰してごめんなさいね
「健康ランド」でも行って 背中流しましょうか!

それは嬉しいけど 何がアツタの
聞いてくれますか A型のわたくしとしては 完璧に仕事をこなそうとして
大変だったのですよ

                10月30日 元の会社の ゴルフコンペ
               10月31日 館山市主催の 防災会議
               11月 4日 社外お得意さんと四街道で ゴルフコンぺ
               11月 5日 盆栽クラブ 黒松の葉抜き実習
               11月 7日 孫7歳の 七五三宮参り・お祝い
               11月8~9日 上山田温泉と善光寺参り
               11月10日 弟の 墓移転手続き・仕度・申請・許可
               11月10日 愛妻の 誕生日お祝い
               11月11日 小学校同窓会の実施
               11月14日 孫3歳の 七五三宮参り・お祝い
             またこれから
               11月19~21日 京都・天橋立・有馬温泉の旅と続いております

オトウサン 旅行に行っても あたしにには お土産が一つもないのね
ごめんなさい ゴメンなさい 「女房のチェック」が 厳しくて 買ってこられないんです

これで償いといってはササヤカデスガ ビールを一杯いかがですか
コレで済んだと思ったら大まちがいですょ

わたしだって 温泉大好きですからね
とくに 「有馬温泉」は まだ行ったことないんですからね


女の仕返は三層倍


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2009-11-15 18:12 | 季節 | Comments(1)

  あの二人  2009年 11月13日



あ の 二 人 
c0070150_15415053.jpg

ハイ今晩は 女将さんお元気ですか
オトウサンも元気ですか このごろ ほんとにご無沙汰ね

そうなんですよ ハワイから帰ってきてから ナニヤカヤと忙しくて
なかなか ハワイ滞在の一週間のブランクを 取り戻すことが出来ないでいるんですよ

ところで女将さん 何か ニュースは ありませんか?
そうねぇー 最近お客さんがメッキリ減ったことかしら

そういえば 外食大手の 「すかいらーく」 は
10月29日で 営業を終わったそうですね

やはり 消費者の節約志向の強まりでしょうか
割高感のある 「ファミリーレストラン」 には 逆風だったんですかね

その反対が 「ユニクロ」 でしょうかね 品物が 新しい 豊富 安い で益々繁盛
外国への進出も 目覚しいのではないですか

うちの娘も よくいくようですょ
今の若い人は 目新しいものを追いますからね

ところでオトウサン 面白い話をしましょうか
今若い人は 「アベック」とか 「カップル」とか 云わないんだそうですよ


それじゃあ何というんですか
「あの二人」 って言うんですってよ

ヘェー また日本語に戻ったんですかね


夫婦は二世


楽しくて チョット H な my homepage

[PR]
by takiro2 | 2009-11-13 15:39 | 趣味 | Comments(0)

  霜降月(しもふりづき)  2009年 11月 2日



女 神 の 贈 り 物
c0070150_15422040.jpg
 
旧暦でいえば 今は十二月半ば
霜が降る月です
「霜」も、この霜降月を省略したものだという説が 一般的です
                    
ところで 霜を降らす女神のことを 青女(せいじよ)というのだそうです
日が昇れば その光に溶け 消えてしまう霜の花
きっと 寒い日に朝早く起きた人だけへの
女神様からのプレゼントなのかもしれません
                              
その結晶の形から
「六つ(むつ)の花」と呼ばれる雪に対して 霜を 「三つ(みつ)の花」と呼んだりもします
                   
十一月の異称は 他に神楽月(かぐらづき) 雪待月 風寒(ふうかん) 神帰月===
そう 出雲に行っていた神様たちも 帰ってくるのですね

バラエティーに富んだ 十一月の表情
来るべき寒さに備えつつも その表情を楽しむことを
人々は忘れてはいませんね


「美人の日本語」より

皆さんも 上品な言葉を使って 美人になりませう


こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2009-11-02 16:40 | 季節 | Comments(0)