<   2011年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

  天野屋利兵衛は「男」でござる  2011年 12月 14日

 
天野屋利兵衛は「男」でござる
c0070150_16418100.jpg

女将さん 忙しいようですネェ 師走ですネェ
オトウサン どうも風邪引いたみたいなの

暑い寒いが交互に来ると 風邪ひくそうですょ きおつけてくださいね

ところで今日は 師走半ばの十四日ですねぇ
赤穂の浪士が 吉良邸に討ち入り 本懐を遂げた日 「義士祭」ですね

そこで女将さん 「天野屋利平衛(あまのや りへい)」を 知っていますか?
いや 初耳よ   そうでしょうねぇ

天野屋利平衛は 赤穂浪士の親分 「大石蔵之助」に頼まれて
討ち入り衣装や 武器を調達していましたが

いよいよ 最後の荷が出ようとする日に 捕り手が来て
大石一味の討ち入り計画を 白状させようと
利平衛の一子 「よし松」を 殺すと脅します

しかし利平衛は 武器の入っている 長持ちの上にあぐらをかいて
「天野屋利平衛は 男でござる」と 言い放ち
発注もとの名も言わず 長持ちの中身も見せなかったそうです

そのおかげで 赤穂浪士は無事本懐を遂げることができました チョンチョン

ところでこの話に オマケがありまして
ある日、大石内蔵助良雄は 義侠の商人天野屋利兵衛の家をたずね
武器調達の密談を重ねまして その夜はそのまま 利兵衛の家に泊ります 

この利兵衛の家には ちょいと 渋ッ皮のむけた 女中が一人おりまして
なンしろ利兵衛は ここしばらくは ヤモメ暮らしでございましたので

「よし 今夜アひとつ あの女中をコマしたろうかい」てンで 
女中が手水場(ちようずば)に立ちましたあいだに こっそり女中部屋に忍びこみ
ふとんにもぐりこんで 女中の帰りを待っておりました

思いは同じ大石内蔵助 妻と別れ一人暮らしでモヤモヤしてるところへ
昼間 あの女中を見ましたから もう我慢ができません

これまた 女中部屋へ忍びこむと くらやみの中で ふとんにもぐり
やにわに 股の間に手を突っこんだ……

ウワァと 相手がはね起きたかと思うと、
「天野屋利兵衛は 男でごぎる!!」  チョンチョン

ところで オトウサンの 「男」は どこへ行っちゃったんでしょうねぇ
おあとがよろしいようで ハイさようなら



こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2011-12-14 16:02 | 教養・研修 | Comments(1)

  もうすぐ 「冬至」  2011年 12月 13日

 
もうすぐ「冬至」
c0070150_1564722.jpg

女将さんもうすぐ 「冬至」 ですね
オトウサン 早いものですネェ 

毎年思うんですが これから寒くなっても あと三ヶ月経てば 
暖かくなると! 春が来ると! 楽しみにしているんですが
なかなか 春が来ないんですね

その反面 秋はすぐ過ぎてしまって 冬になっちゃうんですね
待っているとなかなか来ないで 行かないで欲しいものはすぐ去っちゃうんですね

女将さん 人生もソウデスカネェ

そうょ あたしバツイチでしょ 一人になって何よりも つらいのは
人のワルクチを心おききなく 言えなくなったことょ
どんなに親しい友達でも 他人の秘密とか 自分の欠点は言えないでしょ

でも亭主なら それを聞いてくれるでしょ 
おもしろがって いっしょに ワルクチ言ってくれるかもしれないでしょ
外に洩れる心配もないから 安心してしゃべることが出来るでしょ

そうした相手が 回りから消えていくのが 寂しいわぁ
オトウサン亭主代わりに聞いてくれますか? オネガイ


イヤイヤ うちにも 他人のウワサを言いたくて 待っている人がいますから
今晩はここら辺で失礼します ハイさようなら

夜が長いから 今晩は聞きでがあるなぁ!!



こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2011-12-13 14:49 | 季節 | Comments(0)

 大政翼賛会と大阪維新の会 2011年 12月 8日

シンガポール陥落
c0070150_17164140.gif

「臨時ニュースを申し上げます。大本営陸海軍十二月八日午前六時発表。
帝国陸海軍は今八日未明、西太平洋においてアメリカ、イギリス軍と戦闘状態に入れり」

この放送を聴いたのは 小学校2年生のときでした
当時はテレビはなく ラジオのみで 良く聞こえない真空管の「並四ラジオ」でした 

子供だったせいでしょうか 世間はあまり騒いでいなかったように思います
「やっぱりそうか」「とうとうやったか」の感でした

当時のポスターは 兵隊さんが剣付き鉄砲を持って 突撃する姿でした
そばに大きく 「撃ちてし止まん」と 書いてありました

政治は超党派で 「大政翼賛会」というのがあって 
軍部の指導どおり 全員一致?で 物事が進んでいました

「シンガポール陥落」で館山海軍航空隊まで 提灯行列をしたのを覚えています
「紀元2600年(神武天皇から2600年)」のお祝いも提灯行列でした

世の中すべてが 戦争ヨシ! だったんですから しかたがなかったです

第一次世界大戦で敗戦国となったドイツも
「ドイツ国民のためを考えて ドイツ国民が一丸となって行動しよう」 として
ナチス党が出来 ヒットラーが党首になったんです
軍服が恰好良かったんですネェ

戦後 日本を変えよぅとして 失敗しましたが
三島由紀夫の 「楯の会」も 軍服はよかったでねぇ

大阪府知事 橋本徹さんの作った 「大阪維新の会」は
大阪府議会58名 大阪市議会33名 堺市議会13名の大所帯となりました

これで 「大阪都構想」は イケイケドンドンで決まるでしょう
大阪は豊臣秀吉の頃から 江戸に負けるなの 根性がありますから!

大阪の雪崩はは ころげ出しました 他の雪をさそって  
いま日本は 未曾有の危機にあります 転がる方向を間違えないように!!



こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2011-12-08 17:15 | ニュース | Comments(0)

  年満月(としみつづき)  2011年 12月 1日

 
満 ち て い く こ の 一 年
c0070150_10525522.jpg

みなさんご存じのように、十二月になると、師(お坊さん)も走り回るから
「師走(しわす)」
でも、これは、江戸時代以降にこじつけられた俗説のようです。

「師走」という漢字は当て字で、万葉の時代から、
「十二月」と書いて 「しはす」と読ませていたそうです。

その語源にはさまざまな説があって、「し」の方は、仕事、為(な)すこと、年、四季など。
「はす」の方は、ほとんど「果つる」と解釈しているようです。

走るにしても、果つるにしても、あわただしいことに変わりはありません。

十二月の異称の中に 「年満月(としみつづき)というのがあります。
年が終わるのではなく、
さまざまな思いであなたの一年が満ちていくと思ってみてはいかがでしょう。

どうか、一年の締めくくりの月を、満ち足りた思いで過ごせますように。

「美人の日本語」より

皆さんも 上品な言葉を使って 美人になりませう


こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2011-12-06 14:39 | 季節 | Comments(0)

  年暮るる  2011年 12月 5日

 
十二月 年暮るる

遅くなりましたが  2011.12月分ホームページ 
On-Air しました
遅くなりましたお詫びに 「サプライズ」が あります


こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

c0070150_14204921.jpg




[PR]
by takiro2 | 2011-12-05 14:21 | 季節 | Comments(0)

  79の峠 越せるか?  2011年 12月 3日

 
79の峠 越せるか?(79.12)
c0070150_16193159.jpg

ヤット 月末・月初めの予定作業が終わり 一段落しました
毎月の事ながら 体力の衰えか 智力・能力の衰えか
以前より ダンダン時間がかかるようになりました 

例えば ギャラリーの写真展示替えですが
22枚の額の 新旧写真入れ替え 位置の調整 名札の作成 あと整理に
一日一晩かかっていたのが 最近は二日一晩かかるようになった
ことごと左様に すべてがスローになった

早く目が覚める 22時に寝て翌日3時には目が覚める
そのあと4時に寝て 6時に目が覚めて 起きる

お風呂の栓を占め忘れて お湯をあふれさす

毎朝 唱えるお経が 今までは順序を間違えていたが
最近は何を唱えるのかが 分らなくなってきた

朝7錠 夜4錠の 薬を飲み忘れる

今まで一日平均 7,000歩あるいていたのが 350歩の日がある

それでいて 「R15+指定相当」のテレビを見て興奮している

日記も10年日記をつけていますが あと5年あります
一日付けないと昨日の事がわからない 二日付けないと全然分らなくなる
三日付けないと全く分らなくなる

これでまともに 80歳を迎えることが 出来るのでしょうか?
あとは 神仏に頼るよりほかは 無いのでしょうか?

二礼・二拍手・一拝して 「天照皇大神宮」
お線香上げ カネを鳴らして 「南無大師遍照金剛」 



こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2011-12-03 16:16 | 冠婚葬祭 | Comments(0)