<   2012年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

花見と酒の飲み方 今日は 「さくらの日」 2012年 3月 27日

 
今日は 「さくらの日」
c0070150_13502199.jpg

女将さん きょうは 「さくらの日」 だそうですよ
オトウサンどうしてですか?

房日新聞の コラム欄に
今日は 27日でしょ 3×9(さくら)=27のごろ合わせで
日本さくらの会が きょうを「さくらの日」に制定したそうです

ところが女将さん わたくし 5人目の孫(女児)が 3月9日に生まれまして
3月9日なので 「桜子」と名づけたそうです

ちょうど新居が 世田谷区の深沢というところで さくらの名所があるところ
「さくら」の 時季でもあるので 名付けたようです
「さくらの会」とは 発想が逆ですが 3×9 がヒントになっていますね

今年は いつまでも寒さが抜けず 春の到来がゆっくりめですが
ともかく 「花見シーズン」に なりましたね

花見とくれば アルコールがつきものですが
「つまみ」は 何がいいですかねぇ

それはもう 枝豆 豆腐 白身の魚 野菜の煮物 海藻や酢の物に限ります
オトウサンは歳ですから 脂肪分の多いツマミは 肝臓に負担をかけます

あとは 桜を観賞し 緩やかに杯を手にしたほうがいいですょ
若い子に 手など出すといけませんから あたし付いていきましょうか


幼稚園児の花見じゃないんですから よしてください
人目があるじゃぁないですか!



こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2012-03-27 23:24 | 冠婚葬祭 | Comments(0)

  彼岸の入り  2012年 3月 18日

 
彼岸の入り
c0070150_17493453.jpg

女将さん 昨日はとうとう 雨の彼岸の入りでしたね
オトウサン さすが「暑さ寒さも彼岸まで」と言うだけあって
寒くありませんでしたね

そして昨日(3/17) 九州や四国で 春一番が吹いたそうよ

女将さん 春一番は 立春から春分の間に吹く 南寄りの強い風をいうんですょ

ですから 明後日(3/20)が 「春分の日」ですから 明日中に春一番が吹かなければ
今年は 東京では 「春一番」は 「観測せず」 になります

これは2000年に 「観測せず」があって以来 12年ぶりのことです
今年は なんか サプライズが ありそうだと思いませんか?

オトウサン いやな話はあとにして
あたしの田舎 「新潟」の お彼岸の食べ物は 「ぼたもち」でしたね
とくに 子どもや女性は甘いものが好きでしょう

ぼたもちは今と比べるとすごく大きくて 10cmもあったかなぁ
だから 2つも入れると茶碗が転ぶのね 
おもしろがって みんなで大きなぼたもちを作っていました

あんこは 冷えると固くなるから
しゃもじでかき混ぜた時に たらたらっと垂れるぐらいに やわらかく煮てね

そして 彼岸に 仏前にささげる料理は 「精進料理」でしょ
野菜、乾物類を中心とする献立を立て だしも しいたけなどの精進だしを使うのよ

客寄せをしたときも この原則は変わらないけど
あまり淡泊にすぎないよう こくのある味つけを工夫して
ごま ゆば などの植物性蛋白のものを多く使うの

「いなりずし」も精神料理の一つで あぶら揚げをしょうゆと砂糖で煮つけて
これにごはんを詰めるの

オトウサン 仏檀にあげた ぼたもちがあるから
今晩は それで一杯どう 「あんこ」で お酒も粋なものょ


なんだか話を聞いただけで 胸焼けしそうです
胃の薬でも戴いて 今晩はご先祖様と一緒に 般若湯で過ごします 
オヤスミナサイ



こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2012-03-18 17:48 | 季節 | Comments(1)

  「暑さ寒さも彼岸まで」 今年は?  2012年 3月 17日

 
春彼岸中日法要(来福寺)
c0070150_15362770.jpg

女将さん 明日3月17日から お彼岸に入りますね
オトウサン この寒さもお彼岸までだナンテ だまされたらダメョ

そういえば正岡子規の俳句に
「毎年よ彼岸の入りが寒いのは」というのがありましたね

毎年春の彼岸は 寒の戻りで寒くなることが多いじゃありませんか
去年の彼岸の中日には ものすごい南風が吹いて 春の嵐になりました
そして 翌日にはまた冬型に戻って寒くなってしまいましたのよ


今年も 2月の終り頃から何度も
「5月の陽気」 なんて言われるほどの暖かさを経験して

それが 3日と続かないうちに また寒の戻りが来るという繰り返しで
体が陽気に付いていくので精一杯でしたね

そして ここ2・3日の寒さは なんなんでしょうか
いつもの年なら、「彼岸の入りは寒いよね」 で済むのですが
今年は 「もう 一体 この寒さはなんなんだよぉ~」 なんて感じですね

暖かい日が 妙に暖かいので
ちょっと寒くなると ものすごく冷え込んだような気がしてしまいます


女将さん 今年の夜桜見物は 寒いのではありませんか?
体を冷やさないように 気を付けなければいけませんよ

オトウサンも 歳ですから 人生の経験から判断し
「暑さ寒さも彼岸まで」とか 「初夏の陽気」とか言葉に だまされないように 

よそのお店に行かないで うちのお店で熱燗呑んで ガマンしなさいょ! 

ハイ ハイ!!



こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2012-03-16 15:04 | 季節 | Comments(0)

  春はそこまで 「三寒四温」  2012年 3月 15日

 
春はそこまで 「花冷え」
c0070150_1834569.jpg

女将さん それにしてもよく雨が降りましたね

オトウサン 田植え時期にとっておきたいと思うくらいね
でも こればかりはどうにもならないわね


房日新聞 展望台(F氏)の言葉を借りれば
その時になればその時の風が吹き その時の雨が降るんじゃないですか!

それにしても 今年の冬は寒かったですねぇ
20年来の記録的なものだそうですよ 常春房州に何度も雪がふりましたからね


3月も半ばというのに 未だ梅は花を残しているし 河津桜が咲き誇っています
例年ならばもう 葉桜になっている時分ですよ

しかし 遅まきながらそうやって 段々と春の足音は近づいてくるんですわね
「フキノトウ」が頭を出し 「クコ」が柔らかな 新葉を一段と伸ばしていますからね


早春の陽を浴びて 菜の花が色鮮やかな季節になってきました
先日頂戴した「ナバナ」には 花がついていました

サッと 茹でてマヨネーズを少しっけて 食べました
「フキノトウの天ぷら」や「クコ飯」も旨いけれど 莱花のおしたしもイケています

葉と茎の薄い緑色に黄色い花 春の彩りがいっそう 食を進ませる‥‥‥
女房の具合が悪くなってから 三食のおかずに気を使いますね

今年は 年明けから心配事ばかりで 気が滅入っていましたが
3月9日に長女が孫を出産し その名がなんと「桜子」です

名前負けするのではないかと 今から心配しています



こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2012-03-15 18:01 | 季節 | Comments(0)

  夢見月  2012年 3月 13日

草木と一緒に見る夢
c0070150_18443021.jpg
                
三月の異称といえば、まず弥生(やよい)ですね。
語源は、木草弥生月(きくさいやおいづき)が変化したものだということです。
「弥」は、「ますます」とか「いよいよ」という意味ですから、
木や草がますます生い茂る月ということになります。

その月に咲く代表的な花が季節の呼び名になることも多く、
桃月、桜月という呼び方もあります。
そう、旧暦では、桜が咲くころですから、花咲月(はなさきづき)、花見月ともいいました。

桜のことを夢見草ともいいます。
そこから夢見月とも呼ばれるようになりました。

日に日に暖かくなり、春を迎える喜びが、一番感じられる月です。


新しい芽をふき、次々と花を咲かせる草木たち。
それにつられて、私たちも、美しい夢を見ることができますね。

「美人の日本語」より

皆さんも 上品な言葉を使って 美人になりませう

こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2012-03-13 11:16 | Comments(0)

  2012年 3月 12日  三月 啓蟄

 
三月 啓蟄

かなり遅れましたが  2012.3月分ホームページ 
On-Air しました


こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage

 

c0070150_1355096.jpg



[PR]
by takiro2 | 2012-03-12 13:57 | 季節 | Comments(0)