<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

  冬至冬中冬始  2012年 12月 22日

  
 冬至冬中冬始
c0070150_22215716.jpg

女将さん 昨日は「冬至」でしたね
 オトウサン ちゃんと カボチャを食べて 柚子湯に入りましたょ!

女将さん エライエライ よく伝統を守りましたね
でもその理由を知っていますか
そんなこと知らないわ お婆さんに教わっただけょ

では最初に 「冬至冬中冬初」 という言葉から始めましょう
「とうじふゆなかふゆはじめ」という 四文字熟語?は
「冬至」は 暦の上では 冬のさなかにあるようですが
本当の冬の厳しさは これから始まるんですょ ということなんですょ

冬至に 「かぼちゃ」を 食べるのは
現代的に解釈すると 緑黄色野菜の少ない冬に
カロチンやビタミンの多く含まれる 「かぼちゃ」を食べ
風邪等への抵抗力をつけようとした 昔の人の知恵でしょうね
皮膚や粘膜 視力 骨や歯にも 効果があるようです
女将さんの皮膚も だいぶたるんできたようですから がんばって食べてくださいょ

冬至に 「ゆず湯」に 入るわけ
寿命が長く 病気にも強い 柚子の木にならって
柚子風呂に入って 無病息災を祈る風習になったと言われています
実際 「ゆず湯」は 風邪予防にも効果が高いようですよ

こんにゃくを食べるのは 一年間たまった袋の中の砂を
こんにゃくと一緒に 出してしまうためだとか 「〇〇の砂払い」と よくいいますね
それじゃぁ 女性は食べなくてもいいわけ?

その他の言い伝え
冬至に「ん」のつく食品を食べると 幸運が得られるという言い伝えがあります
冬至の七種(ななくさ)は 「ん」が2つつくもので
「なんきん(かぼちゃ)」 「にんじん」 「れんこん」 「ぎんなん」 「きんかん」
「かんてん」 「うんどん(うどん)」で これらを食べると病気にかからず
うどんは運(うん)・鈍(どん)・根(こん)に通じるので 出世するというわけです

最後に 悪運リセットの日
冬至は「一陽来復」の日でもあり、転じて悪いことばかり続いたあとでも
ようやく幸運に向う日とされます 南瓜を食べて幸運に向かいましょう

このお店も 来年は千客万来で 繁盛するといいですねぇ~
女将さんも 体形や器量のこと考えると 毎日柚子湯に入る必要があるかもね!



こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2012-12-24 16:05 | 季節 | Comments(0)

  2012年 12月 12日  ぞろ目 12.12.12

  
 ぞろ目 12.12.12
c0070150_18112839.jpg

女将さん 昨日は 12.12.12の 「ぞろ目」でしたね
オトウサン それ何のこと?

女将さん 2012年12月12日 すなわち 12.12.12の 「ぞろ目」でしょ
「ぞろ目」って 何のこと?

おなじ数字が重なることで 良いとも 悪いとも言われているんですょ
例えば チョット変形のぞろ目ですが 2012年12月21日は

マヤ文明の暦によると
今月21日は 「世界最終日」で
世界が終わるとか 大災害が起こるとか 地球に星が衝突するとか
いろいろ言われています

中国では 「ノアの方舟」と称して
直径5㍍のカーボン繊維製の球形避難物に 注文殺到だそうです

また良い例としては 賭け事や勝負事で 運が開けるといわれているんですょ
ですから 馬券や 宝くじや ルーレットなどでは
よく 「ぞろ目」が 選ばれるそうです

でも今回のような 年・月・日の ぞろ目は 当分ありませんね
13月という月は ありませんから この先2012年には ありません
今度来るのは 2101年になって 01.01.01が はじめて出て来ます
随分 さきのことですネ

オトウサン もう生きてはいませんね
 その通りそのとおり

ところで 最近夜中に目が覚めると
デジタル時計が 1:11 2:22 3:33で 光っているのに よく遭遇するんです

これが 凶か 吉か 胸が高鳴り
衝動的に ジャンボ宝くじ20枚 ロト6 20枚 買いました

あたったら このお店貸しきりで ラーメンパーテーをやりましょう
オトウサンも けちですねー もすこし派手にやったらどう

女将さん 当たらないかもょ!!



こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2012-12-13 18:07 | トピック | Comments(0)

  年満月(としみつづき)  2012年 12月 1日

 
満 ち て い く こ の 一 年
c0070150_10525522.jpg

みなさんご存じのように、十二月になると、師(お坊さん)も走り回るから
「師走(しわす)」
でも、これは、江戸時代以降にこじつけられた俗説のようです。

「師走」という漢字は当て字で、万葉の時代から、
「十二月」と書いて 「しはす」と読ませていたそうです。

その語源にはさまざまな説があって、「し」の方は、仕事、為(な)すこと、年、四季など。
「はす」の方は、ほとんど「果つる」と解釈しているようです。

走るにしても、果つるにしても、あわただしいことに変わりはありません。

十二月の異称の中に 「年満月(としみつづき)というのがあります。
年が終わるのではなく、
さまざまな思いであなたの一年が満ちていくと思ってみてはいかがでしょう。

どうか、一年の締めくくりの月を、満ち足りた思いで過ごせますように。

「美人の日本語」より

皆さんも 上品な言葉を使って 美人になりませう


こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 

[PR]
by takiro2 | 2012-12-05 18:31 | 季節 | Comments(0)

  2012年 12月 4日  行く年

c0070150_16204589.jpg
十二月 行く年

遅れましたが  2012.12月分ホームページ 
On-Air しました


こちらから どうぞ
楽しくて チョット H な my homepage
 



[PR]
by takiro2 | 2012-12-04 16:22 | 季節 | Comments(0)